ぐるっと台湾周遊5日間

  23日ホテル朝食後バスにて台中へ
  
a0202528_1394628.jpg

  ホテルは2月旧正月で正月飾りをロビーに
  台中市内観光 宝覚寺(ほうかくじ)
  宝覚寺は日本とは無関係ではなく、戦前、台湾中部で亡くなった一万四千人の
  日本人移民の遺骨が奉納されているといわれ、境内には日本人墓地がありました。
  台湾で2番目の大きさの大仏。ガイドによれば大仏の耳に触れると幸福。へそに触れると
  へそくりが増え金持ちに・・・へそくりと言う言葉を使うのは日本人むけの話でしょう!
  でも大きくてさわれないので、小型の布袋様の石像がありました。
   大悲講堂には日本の国宝仏像解夢観音(奈良法隆寺)が祭られ、友愛鐘楼には
  日台友好を祈願し日本から送られた鐘があります。
  
a0202528_0302698.jpg
 
  宝覚寺の立派な山門が左、中央奥の赤い屋根の建物納骨堂。横には
  第二次世界大戦を参加して亡くなった方の日本人のお墓。手前中央には小型の布袋様の石像。
  右は本堂。 
a0202528_0105539.jpg

  日本式表現の本堂入口(大きな建物に覆われている本堂)1928年に創建された
  お釈迦様を祀った古刹。本堂は建造物保護のために大きな屋根に覆われている。
  門前には神の使いとして2頭の象が置かれている。
  
a0202528_161175.jpg

  本尊のお釈迦様
  
a0202528_114274.jpg

  30mもある黄金色の柔和な笑顔をたたえている弥勒大菩薩像(布袋様)がシンボル。
  鳥が鼻の下にすぐ巣をつくるので鼻くそ大仏といわれているとか。仏教寺院。
[PR]
by star-land9 | 2012-03-05 20:03 |