ぐるっと台湾周遊5日間

  4日目太魯閣渓谷観光
   ホテル朝食後出発
   
a0202528_1450090.jpg

  バスより中央山脈を眺めながら・・・   
  太魯閣渓谷(たろこけいこく)へ
  台湾を代表する観光スポット「太魯閣渓谷」大理石の断崖絶壁が圧巻、急流の景勝地として有名。
  険しい断崖は珊瑚礁の海底が降起してできたもので、石質は大理石。
  大理石を侵食してできた川と、東西横貫道が断崖の間をぬうように走っている。
  大理石造りの壮大な絶景が次々に迫り来る。台湾最大の景勝地。何万年もの歳月をかけて
  立霧渓の急流が大理石の山を削り上げ、大自然が生んだ神秘的な秘境の渓谷。
  かつては人を寄せつけない秘境だった。太魯閣渓谷その絶壁を削り、トンネルを掘り進み、やっと
  完成したのが東西横貫公路だ、大理石の渓谷に沿って続くその道は高い所では200mにもなる
  断崖絶壁が連絡し右へ左へとカーブを繰り返しながら延々20㎞も続く台湾八景のひとつの景勝地。
   
a0202528_15503793.jpg

  ここから太魯閣渓谷がはじまります。 赤い門、門には「東西横貫公路」と書かれている。
  この路は花蓮と台中を結び、標高3000mを越える中央山脈を通る壮大な路なのです。
   
a0202528_1554480.jpg

  この橋の白い部分は大理石で表情の違ったそれぞれの100匹の獅子が置かれていました。
  橋の下は赤色で周りの緑によく映えていました。     
   
a0202528_15584955.jpg

  この渓谷にそって雨の中を歩きました。長春祠迄。さすがに上からの眺めは下より眺めるのとは
  また違いました。
   
a0202528_1655012.jpg

  長春祠(ちょうしゅんし) 戦後、国民党政権が大陸から連れてきた兵隊などを動員し、絶壁の
  断崖をほぼ人力で削り、穴を掘り、台中からの東西横貫公路をわずかの期間で開通させた。
  この建設時に殉職した多くの霊を祀った中国宮殿様式の祠で、道路から少し奥まった所にある。
  その真下にある一枚岩の大理石の割れ目から水が激しく湧き、滝となっている。
  
a0202528_1683374.jpg
 
   
a0202528_16115681.jpg
 
  岩肌をくり抜いた渓谷を下に遊歩道を2キロ程歩く。上流の砂下礑地域から川の水は流れてくる。
  みずは澄んでいて青い、この青さ急流で大理石が溶け酸性成分がエメラルドブルーにしている。
  岩は流水に削られて丸くなっていたり、透明感が高く青く透き通った水、両岸にそそり立つ岩肌
  雨で残念でしたが傘をさしての台湾最大の絶景を楽しみました。
[PR]
by star-land9 | 2012-03-23 14:07 |