大人の秘境ノスタルジー探訪8景2日間

絶景8 鋸山・地獄のぞき・日本寺(日本一大きな大仏と富士山を眺望する断崖絶壁の「地獄のぞき」)
大小さまざまな石仏と奇観・絶景があっちこっちに。
約1300年前に聖武天皇の詔勅を受けて行基が開山した、関東最古の勅願所。地獄のぞき、を含む
鋸山の広大な山域が日本寺という寺院の境内になっている。
本尊の薬師瑠璃光如来は日本三薬師のひとつ。
標高329mの鋸山。広さ約33万㎡に及ぶ日本寺の境内が広がる。自然豊かな参道には2639段の石段が
連なり、途中に点在する巨大な観音像や大仏、千五百羅漢、切り立った絶壁が生み出す奇観、展望台から
望む東京湾や伊豆半島など関東一円を見晴らす絶景は感動。でもスリルたっぷりドキドキです。
木更津名工・大野甚五郎英令(ひでのり)とその門弟27名により3年の歳月をかけて彫られた
江戸時代の天明3(1783)年に完成「日本寺大仏」。

a0202528_22591211.jpg
先ず百尺観音 昭和41年5月に6年の歳月をかけて完成した巨大な観音石像、
岩壁には水平方向のラインが刻まれている。これは「房州石」という建築に使った石材の
採石場跡地で石材を切り出すときについた跡です。
山の岩肌に彫られた、高さ30.3m(百尺)の観音石像。
交通安全の守り本尊として信仰されている。
a0202528_23315184.jpg

上の写真 切り立った高さ100mの絶壁から突き出た端にある展望台。
山林がはるか下に見えて、スリルたっぷりの展望台、しかし空中に突き出した展望台の先端は
狭いので一度に2名ずつしか入る事が出来ず並んで待っています。
a0202528_00010308.jpg
a0202528_00014872.jpg
a0202528_00022868.jpg
上の写真は 鋸山山頂地獄のぞきからの景色を満喫、足がすくみそうなスリル満点の展望台には
長い列天気の良い日には東京湾、伊豆半島、富士山。南側には南房総の美しい
山並みと海(↑の写真)
      千五百羅漢道を散策しながら大仏広場へ
      日本寺境内の見所のひとつが山の中腹から頂上付近にかけてのいくつかの岩窟に
まつられている「千五百羅漢」と呼ばれる石仏群。これらの像も大仏を彫った
      大野甚五郎と門弟27名が21年にわたって彫りその数は1553体にものぼるそうです。
      表情や身にまとっている衣など一体として同じものがなく、喜怒哀楽を表現
a0202528_00164959.jpg
a0202528_00492873.jpg
a0202528_00503689.jpg
a0202528_00520439.jpg


[PR]
by star-land9 | 2017-10-10 21:18 |