<   2014年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ヤクスギランド続き
a0202528_181280.jpg
a0202528_184362.jpg











a0202528_192014.jpg

a0202528_116810.jpg








a0202528_125367.jpg

a0202528_1263972.jpg







a0202528_128877.jpg

a0202528_1285241.jpg

1番目上左写真 折れた杉に苔その上に咲いてた花オオゴカヨウオウレン
1番目上右写真 新緑・ヤクスギの豊かな自然を身近に感じながらヤクスギランドを散策しいました。
2番目上左写真 公衆電話 ここならではの屋久杉をくり抜いて作ったもの。
ヤクスギランドを後にバスの中にて撮影。
2番目上右写真 いろいろのお花が綺麗に咲いていました。(つつじ、ハイビスカス、山桜、
ポインセチア・・・)
3番目左上写真 山の新緑
3番目右上写真 海・山・山桜新緑
4番目左高速艇 トッピーロケット3にて屋久島安房港~鹿児島港へ
一番下 高速艇トッピーの窓より桜島を・・・・・・すごい・・・丁度噴煙
 鹿児島の代名詞ともいえる桜島。 2014年1月12日は大正の大噴火から丁度100年
 平成の世になっても絶えず噴煙を上げ続け地球の底知れぬパワーを感じられた。
 
[PR]
by star-land9 | 2014-04-25 20:52 |
a0202528_11175051.jpgヤクスギランド続き
a0202528_9285464.jpg
a0202528_9325131.jpg








a0202528_9332889.jpg
a0202528_9341192.jpg







a0202528_9505455.jpg
上写真 伐採の跡の切り株や台風で倒れた木等に苔に覆われ草木が茂っている。
  







右の写真 清涼橋(吊り橋)橋の上より眺めると原生林と清流、緑豊かな苔、木々
マイナスイオンたっぷり。ゆれる橋の上なのに・・・・満喫





























上左写真 仏蛇杉 見る角度によって人が座っているように見える(左側のコブ状の部分が
人が座っているように見えるとか・・・)かなり空洞化が進んだ杉で根が荒れないように
ロープを張り近づけないようになっていました。推定樹齢1800年樹高21,5m胸高周囲8,0m
標高1010mヤクスギランドを代表する屋久杉の古木。

上右写真 くぐり杉 樹高25,7胸高周囲3,2m標高1010m幹が太いのにびっくりしました。

左写真 木と木がふれあいくっつき一本になっていくのもあるようです。脂肪分が多いいためとか
この写真の木は条件が違うためにそのまま別れて二本の木に又のびています。
写真のように木の皮が取れた様な薄茶色の木はさわるとヒヤッと冷たかったです。ガイドさん
暑い時にはこの木にくっついてたらひ~やとし気持ちいいですよ・・・・・と説明
[PR]
by star-land9 | 2014-04-25 09:22 |
最終日の屋久島 ヤクスギランドを探検
標高1000m前後の地にある高低差の少ない整備された散策コースと聞き安心して又50分歩きました。
原始の森の雰囲気に満たされた敷地内には、推定樹齢1000年を超す屋久杉をはじめ多くの樹木が茂り
白谷地区の白谷雲水峡とともに自然休養林に指定され多くのユニークな名を持つヤクスギの数々
森を駆け抜ける清らかな小川やせせらぎ、すべてを覆いつくす緑豊かな苔、さまざまな表情の植物の数々
ヤクスギの豊かな自然を感じるすばらしい森でした。
a0202528_11385310.jpg
a0202528_11393993.jpg

右写真くぐり柵



a0202528_13265036.jpg
a0202528_13272550.jpg




a0202528_13293762.jpg
a0202528_13305887.jpg





a0202528_1335286.jpg



























上左3段目写真 土埋木。巨木のそこかしこに、苔に覆われ草木の生い茂った古い切り株を見ることが
出来る。これらの切り株や捨てられた倒木は直射日光をさえぎられて多湿な原生林の自然環境に守られ
表面が腐っても樹脂肪の多い内部は朽ちることなく、むしろはるかな時の流れによって色合いも美しく
熟成されながら後世への贈り物として残されたこれが屋久島の土埋木である。
[PR]
by star-land9 | 2014-04-23 11:04 |
散策をすませ夕食を
a0202528_22531961.jpga0202528_22535328.jpg











梅酒で乾杯し当地の新鮮な首折れサバやトビウオをはじめ屋久島ならではの海の幸を
さまざまな調理法で味わい食事が進みました。
珍しい貝。はじめて見ました。亀の手磯もの珍味の代表とか。甲殻類の一種で、形が亀の手に
似ている。ゆでるか汁物にしていただくようです。お味噌汁のお出汁でいただきました、
とても良い御出汁が出ていておいしいお汁でした。身もいただけるとかお聞きし味わってみましたが
とても小さく口にする貝ではなかったです。
a0202528_23125493.jpga0202528_23132720.jpg










 

 屋久島昼食さすがに屋久杉の器                  指宿白水館
ホテル8時30分出発 紀元杉に
a0202528_2352374.jpg
a0202528_23532871.jpg








a0202528_23551166.jpg









左上写真紀元杉   右上写真紀元杉中間迄
ヤクスギランドの入り口から林道を約4㎞進むと現れる屋久杉。
標高1230mの地に雄々しくそびえる。
胸高周囲8.1m、樹高19,5mの巨木で、推定樹齢3000年
3000年を生き抜いてきた紀元杉、表面の胴周りはゴツゴツしていました。これは杉に害を及ぼす
ウイルスと戦ってきた証です。幹にはナナカマド、ヒノキ、等の19種類の植物が・・・・
一見枯れているように見えるが中には緑の葉をつけ枝を伸ばして初夏には鮮やかな新緑を見る事が
出来、屋久島特有の風景だと説明も・・・

左下写真皆んなと一緒私も紀元杉パワーを・・・・・手の触れられる所はテカテカでした。
[PR]
by star-land9 | 2014-04-22 20:47 |
いわさきホテルに着き食事前に敷地内を散策
a0202528_2118462.jpg
a0202528_21202136.jpg


a0202528_21222214.jpg
a0202528_21225946.jpg


a0202528_21243424.jpg
a0202528_21254799.jpg

a0202528_21275468.jpg
a0202528_2128414.jpg





















広大な敷地内に設けられた散策路には 原生林や自然の滝に加えて鹿園もあり森林浴を兼ねて
屋久島ならではのヤシ園、ヒラドツツジ、アジサイ園、シャクナゲ等々自然にふれ爽やかな気分で
周り夕食をいただきました。
[PR]
by star-land9 | 2014-04-21 21:13 |
千尋の滝(せんぴろのたき)
標高1734mのシンボル、モッチョム岳のふもとにかかる滝。屋久島の三大銘瀑の一つ。
落差80mの豊富な水量を誇る滝と400×200mほどもある花崗岩の
巨大な一枚岩と流れ落ちる滝の組み合わせ、深いV字谷へと豪快に落下する大瀑布は圧巻
a0202528_11553439.jpg
a0202528_11561250.jpg
屋久島は世界自然遺産の登録地。ここは海・山が一度に見ることが出来、独特の生態系とすぐれた
自然景観から登録されたそうです。ここからも滝周辺の全景と海側の両方を眺められる展望台もあります。













a0202528_12142320.jpg
a0202528_12152328.jpg










屋久島いわさきホテルにて テラスより
右端にモッチョム岳。
早目の到着で食事までホテル庭園40分散策を
a0202528_13581313.jpg
a0202528_13585415.jpg





a0202528_1405026.jpg
a0202528_1413149.jpg
[PR]
by star-land9 | 2014-04-21 10:15 |
西部林道・世界自然遺産登録地 周辺を散策
 屋久島の海岸線で唯一、世界自然遺産の登録区域である林道。20㎞にわたって照葉樹林の
 森が続き、ヤクジカ、ヤクザルとも出合いました。
a0202528_23545530.jpg
a0202528_23552488.jpg












a0202528_23572434.jpg
a0202528_0105795.jpg


a0202528_0125162.jpg

大川の滝 西部林道を約4㎞進むと屋久島で最大級の滝落差88mで間近で見ると豊富な水がゴツゴツ
とした岩を伝って滑り落ちるさま、豪快な水量に圧倒。水量が少ない時は左手のみ時には滝に虹が
かかるのを見ることもあるようです。滝壺のそばまで行けます。
[PR]
by star-land9 | 2014-04-20 20:14 |
a0202528_21582059.jpg白谷雲水峡続き
a0202528_21573996.jpg











もののけ姫の森 美しい苔の森はとても神秘的
宮崎駿の長編アニメ映画「もののけ姫」のモチーフに
なった森。樹木にも、岩にも、地面にも苔がびっしりで、
森閑とした雰囲気に包まれている。
a0202528_97250.jpg


a0202528_22131251.jpg



















a0202528_2242948.jpg
a0202528_2243257.jpg










上左写真 弥生杉 屋久島では最も訪問しやすい杉の 一本で枯れ枝も目立つ姿で樹勢は
良好とは言えないようです。この杉には8種類もの植物が着生してるそうでこの杉のお蔭で
生きているのですね。樹高26,1m 胸高周囲8,1m 樹齢3000年。
上右写真 白谷雲水峡にはいたる所にマムシににているマムシ草。
下右写真 永田いなか浜 絶滅の危機にあるウミガメの
日本一の産卵地。切り立った岸壁の多いいヤクシマでは珍しく真っ白い砂浜とエメラルドブルーの海が
一面に広がっています。800mほど続く美しい砂浜は、ラムサール条約に登録されている。
左写真その記念碑
[PR]
by star-land9 | 2014-04-19 21:50 |
宮之浦港着
世界自然遺産の島,屋久島 白谷雲水峡散策(60分)弥生杉コースを歩く
いのち宿る千年の森。来る日も来る日も降り続く春の長雨を、島人は、”木の芽流し”と美くしくよぶ。
このやさしい雨とともに、山ではいっせいに芽吹きが始まる。
地質は花崗岩の屋久島でも屋久杉のような木々をはじめ植物が豊富なのはこの雨と雨水を蓄える
役目をしている苔のお蔭です。深い霧がたちこめる静寂の森。
耳をすませば、精霊たちのひそやかな囁きがきこえるようです。このような光景が
映画のイメージの元になった「もののけ姫の森」で知られる。白谷雲水峡は、宮之浦の南方12㎞余り
屋久島の中央部に近いトレッキングコース。標高800m前後の敷地内は、積み重なる大岩と豊富な
水が織りなす渓谷美や、一面苔におおわれた森林など、原生的な自然の息吹に満ちている。
通常樹齢1000年以上経っているものを屋久杉と言います。樹齢1000年以下は小杉。
巨木は名前で呼ばれます。人間など及びつかない驚異の生命力。たとえ幾千年生きたとしても、
やがては朽ちはてる屋久杉。翁のように浸しがたい威厳をもって森の奥深く立はだかる。
a0202528_11165391.jpg
a0202528_11181010.jpg










先ず入り口出発  白たえの滝(標高約600m)        
                                 憩いの大岩まずまずピース   
a0202528_11422842.jpg 



a0202528_11475064.jpg 



















    
    
 左上写真 二代杉 この杉は切株の上に種子が落下して発芽生育した二代杉。
 このようにして世代交替が行われることを切株更新といいます。
 屋久島の山ではこのような杉がいたるところで見られます。
 右上写真 白川溪谷飛流おとし
 清冽な水が流れ、苔、マイナスイオンたっぷり。                                                                           
                                         
                               
                            


a0202528_1358569.jpg                 a0202528_144317.jpg                   











左写真 散策路の木々の根っこ部分がむき出しの入交り株
右写真 緑に覆われた林内には清流、
重なり合った巨岩、 シダ、苔類で緑に覆われた
中を眺め おいしい空気まさに疲れなくの散策でした。  



                                       
                                            









                        
[PR]
by star-land9 | 2014-04-18 11:05 |
開聞岳のスポット池田湖に
a0202528_85287.jpg
a0202528_8594468.jpg










上左写真 開聞岳の噴火により陥没してできたとされる。池田湖は直径約3,5㎞周囲15㎞
ほぼ円形のカルデラ湖で大きさは九州最大の湖。
湖面の標高は66m深さ233mで最深部は海抜167mとなる。
湖底には直径約800m湖底からの高さ150mの湖底火山である。
湖畔には菜の花、サンセットコスモス、ポピー四季折々の花が湖畔を彩るビュースポット。
残念ながら開聞岳は見られず。天然記念物大ウナギが生息しており”イッシー”でも有名。
上右写真 指宿市の天然記念物である体長2mものオオウナギ。
a0202528_9443256.jpg

皇太子御夫妻の記念碑
ナゾの怪獣・イッシー
昭和53年、地元住民約20人が
湖面にうごめく物体を同時に目撃したことから
ネス湖のネッシーならぬ池田湖のイッシー伝説が誕生したとか
早めにホテル到着 食事前に先ず疲れを癒す為初体験の”指宿名物”砂むし”
ホテル内にあり浴衣に着かえタオルを持参。
頭にタオルをまき、頭だけ出してすっぽりと
                       温泉熱で温められた砂に埋まり砂と熱と重さで
                       気持ち良い10分間でした。


a0202528_10233549.jpg
a0202528_10242217.jpg
 










宿・白水館は館内に薩摩伝承品が置かれ薩摩の歴史、薩摩焼、中国陶磁の名品を拝見し
思い思いの時をも過ごすことも出来ました。

a0202528_10581360.jpg



a0202528_10585525.jpg














宿の庭の手入れをする専門のスタッフが松の木々や広大な芝の庭園を美しく心配りした
お庭を拝見し高速船トッピー(105分)にて屋久島に向かいました。
[PR]
by star-land9 | 2014-04-18 08:47 |