<   2015年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

最後の観光にて大宰府天満宮にお参り
学問の神として知られる菅原道真を祀る全国の天満宮の総本官いわれる。
道真公の御墓所でもある御本殿は重要文化財に指定されている。境内には樹齢1000年を超える
クスノキや御神木「飛梅」をはじめとする約200種約6000本の梅の木のほか菅公歴史館・宝物殿等がある。
a0202528_0211111.jpg
a0202528_0293451.jpg









                                               
                                                      
↑左 太鼓橋 漢字の「心」の字を象った池に架かる御神橋は、太鼓橋、平橋、太鼓橋の三橋。
手前から過去・現在・未来を現わし三世一念の仏教思想を残したものと伝わります。  
朱色の欄干を持つ太鼓橋は急な勾配で反り橋とも呼ばれ、この橋を渡ると心身ともに清め
られるといわれています。             ↑右 心字池 池の中では無数の鯉が泳ぐ
a0202528_174841.jpg
a0202528_18398.jpg










↑左 クスノキ ”天神の杜”を形成する樟は境内に約百本。樹齢千年を越える国指定天然記念物の
大樟2本、県指定天然記念物も49本ある。
↑右 宝物殿 道真公の御真筆、御佩刀、国宝、翰苑、を始め古文書、工芸品等約5万点の文化財
を収蔵、展示。
a0202528_1353096.jpg
a0202528_136780.jpg










↑左 楼門檜皮葺きの風格ある二重門。重層の入母屋造り、檜皮葺きの二重門。
本殿入り口に建ち、左右は回廊につながっています。全体は朱塗りされ、堂々たる風格にあふれた
佇まいが見事です。
↑右 本殿 官公の御霊代を祀る豪荘華麗な造り。
五間社流造り、正面には唐破風状の向拝が付く、桃山時代の豪壮華麗な様式で右には飛梅、
左には皇后梅が配されています。内部は6本の金柱、黒や朱の漆、岩絵具などで美しく彩色され
錦の帳奥の内々陣に菅公の御霊代が奉安されています。国の重要文化財。


                          
[PR]
by star-land9 | 2015-04-28 21:58 |
平戸続き
カトリック平戸教会(平戸ザビエル記念聖堂)
教会は昭和6年に完成した鉄筋コンクリート造りの教会で正面中央に大塔、左側に小塔を配し
空に向かう垂直性を強調した外観が特徴。↓
a0202528_16162152.jpga0202528_16193365.jpg




                                 





                                 
                          ↑樹齢数百年といわれる大ソテツ
                          天満宮登り口に大きく枝を四方に伸ばして
                          いる老ソテツは江戸時代初期の
                          貿易商川崎屋が全盛時代に植えられた
                       ものといわれている。
a0202528_22263825.jpg
a0202528_22273683.jpg











左↑六角井戸 平戸が外国との交流が盛んであった頃に明の商人も多く平戸に定住しており
当時の明式の六角形の井戸。
右↑平戸城 1707(宝永4)年山鹿流の縄張で築城され、明治維新まで松浦氏の居城として使われた
名城・亀岡城の跡。海を見渡す緑の高台に昭和37年に再建された白亜の天守閣がそびえ、
天守閣の内部は博物館、天守閣からの眺望は最高。青い海の彼方に遠く壱岐の島影まで見渡せるとか・・・ 
a0202528_2325183.jpg
 
               ↑ツヴィンガー宮殿  
17世紀以後、ヨーロッパの王侯貴族を魅了し、世界の陶磁器に影響を与えた有田焼の里ならではの
テーマパーク「有田ポーセリンパークのんのこの郷」。目に飛び込んでくるのがツヴィンガー宮殿。
ポーセリンパークのシンボルともいえる建物で18世紀初頭のドイツ・バロック建築の華といわれた
宮殿を忠実に再現した華麗な建物。数々の有田焼(古伊万里)を一堂に展示。また
圏内随所のガーデンでは四季折々の花々と鮮やかな緑が心を癒します。

 
                   
                                
                                                                    
                                  
                                    
                                    
                                   
                                                   
                               
[PR]
by star-land9 | 2015-04-27 15:37 |
3日目昨夜遅くに夕張の丘(山の上の)ホテルに着き宿泊し朝テラスよりの眺め・・・・
昨日感動し眺めた九十九島が又惜しみなく・・・・

a0202528_23375288.jpg

南蛮文化と歴史が香るロマンの島平戸を散策に
遺隋使の昔から海外との中断役を果たしてきたこの島に、南蛮船がはじめて姿を
見せたのが1550(天文19)年。その日から長崎にオランダ商館が移されるまで、
平戸はオランダ船やイギリス船が錨を下ろす南蛮貿易の拠点港として栄えてきた。
静かな港町にはいまも当時の面影を残す史跡が豊かな自然の中に点在しています。
a0202528_23484318.jpg
a0202528_23495323.jpg










↑平戸大橋 平戸市にあり同市の中心市街地にある
平戸島と本土部を隔てる平戸瀬戸に架かる吊り橋   ↑幸橋(オランダ橋)
鋼製の橋全体が鮮やかな朱色延長665m      長崎県平戸市岩の上町の鏡川に架かる
 幅員10,7m 桁下高さ30m          アーチ橋(石橋)国の重要文化財に指定
                         橋長ー19.8m 幅員ー5.2m 
                         形式ー石造単アーチ橋完成元禄15(1702)年 
a0202528_13281963.jpg
a0202528_132935.jpg










↑瑞雲禅寺                       
                         ↑市街地から坂を登る途中で光明寺、端雲寺など
                      の寺院と重なって見える風景「寺院と教会の見える風景」
                        として平戸を代表する景観の一つとなっています。 

a0202528_13483415.jpg
a0202528_19543730.jpg






                                


  ↑マリア像                                    
                              ↑聖フランシスコ・ザビエルの像




 
                              
 
[PR]
by star-land9 | 2015-04-26 21:25 |
ハウステンボス夜景続き
a0202528_032873.jpg
a0202528_033570.jpg
a0202528_0342283.jpg
a0202528_0351799.jpg



















↑スリラーシチィ 音と光と3Dプロジェクションマッピングが迫る
a0202528_0424638.jpg
a0202528_0451373.jpg
a0202528_046378.jpg
a0202528_0464376.jpg
a0202528_0483662.jpg



















写真上段光のアートガーデン夜空まで染め上げる、場内最大のイルミネーション
750万球が輝く、圧倒的なボリューム。
中←世界初の運河イルミネーションショー
水中から緑色に輝く、ひかりのショー
中→フラワーロード
下←世界初有機ELチュウリップ、次世代照明として
期待される「有機ELパネル」のパイオニアである
コニカミノルタ(株)と共同開発した、世界初・最先端
イルミネーションが新登場。丸々もとお氏
(一般財団法人夜景観光コンベンション・ビューロー代表理事)をイベントプロデューサーに迎え
約5000本の有機ELチュウリップが音楽に合わせて輝くショーを繰り広げます。
[PR]
by star-land9 | 2015-04-25 22:26 |
14時35分ハウステンボス着自由散策
a0202528_23133595.jpg




一面に広がるチュウリップが出迎えるフラワーロード
3基の風車と色鮮やかなストライブガーデン
満開のチュウリップに先ず見とれました。
a0202528_2315367.jpg

a0202528_233016.jpg
a0202528_23311578.jpg










↑アトラクションタウンのシンボル噴水広場
→ドムトールン展望室高さ105mのシンボルタワー
地上80mの展望室からハウステンボスの全景が見えます
a0202528_23485036.jpg
a0202528_23501135.jpg










19時より光の王国世界最大級1,100万球超の輝き
↑→アムステルダム広場
a0202528_022766.jpg
a0202528_033379.jpg











                                 ↑
                        人気ゲーム「太鼓の達人」を幅53m×高さ11m
                        の壁一面で演奏に合わせてマッピングが変わる
[PR]
by star-land9 | 2015-04-25 20:50 |
西海国立公園九十九島遊覧続き
a0202528_22333750.jpg
a0202528_2235037.jpg
a0202528_2236247.jpg
a0202528_22374614.jpg
a0202528_2240748.jpg
a0202528_22414946.jpg
a0202528_22442039.jpg
a0202528_22455347.jpg
a0202528_22492456.jpg
[PR]
by star-land9 | 2015-04-24 22:27 |
2日目ホテル出発し
カステラセンターと嬉野茶を見学試食、試飲をし
長崎県佐世保市にある展海峰に
ここからは松浦島を眼下に見下ろす展望スポット九十九島の大パノラマ展望は圧巻でした。
a0202528_2243859.jpg
a0202528_22455779.jpg










   ↑九十九島大パノラマ
a0202528_22484162.jpg
a0202528_22494932.jpg











↑田中穂積氏銅像                    ↑駐車場そばに円形花壇春は菜の花
自然の美しさを眺め感動した作曲家田中穂積氏が明治35年作曲された日本初のワルツと
言われる「美しき天然」は、軍港として発展する佐世保に海軍軍楽隊長として赴任し
女学校で音楽を指導する際に、教材として作曲したものと伝えられています。
現在も佐世保市民の愛唱歌として親しまれているそうです。

展海峰での展望を終え遊覧船にて九十九島を観光
数えきれないほどたくさん島があることからその名がついたといわれる「九十九島」
その島々の多くに名前や伝説、民話があるそうです。佐世保湾の外側から北へ約25Kmにわたり実際には大小208の島があるとのことです。
島々がある海域を「九十九島」といいます。島の密度日本一の多島海で「西海国立公園」の一部に
指定されています。九十九島海域の海岸線の長さは353㎞ありそのうち自然のままの海岸が
約288㎞と全体の8割をしめる事から多くの自然が残っている事がわかります。
a0202528_23524972.jpg
a0202528_23541598.jpg
a0202528_23562796.jpg
a0202528_23573014.jpg
a0202528_042996.jpg
a0202528_005912.jpg
[PR]
by star-land9 | 2015-04-23 19:43 |
次ぎにバスで移動し祐徳稲荷神社にお参り
佐賀県鹿島市にある神社。京都伏見稲荷大社などとともに日本三大稲荷の一つに数えられる。
九州の神社では大宰府天満宮に次ぐ参拝客数、衣食住生活全般の守護神として
商売繁盛、家運繁守などで尊崇されている。
a0202528_23132495.jpg
a0202528_23143937.jpg










てっぺんが本殿頑張って階段を一歩ずつ・・・
境内には二頭の馬の像(写真)があります右に並ぶ     楼門も大きくて立派、色彩は鮮やかで
ものがいないということで左を向いた馬が人気        すばらしい。
境内にある馬の字(写真)がすべて裏返しに書かれて
いました。神社のパワースポットとしての由来にも
なっているようです。「左馬でうまくいく」という意味らしい                              
「うま」を逆さに読むと「まう」にも・・・・縁起らしい 
a0202528_13522717.jpg 



←いなり神社なので鳥居の所にオス・メスの狐の像
                       



                               

                                 ↓本殿                           
a0202528_2333299.jpg
a0202528_1410567.jpg











a0202528_0254992.jpg
a0202528_0264473.jpg







     

 奉納赤鳥居奥にずらりと並ぶ
                                  日本庭園
a0202528_048722.jpg
a0202528_0373918.jpg







   

 ホテルテラスより世界新三大夜景に選ばれた
    長崎の昼                         夜の世界新三大夜景
[PR]
by star-land9 | 2015-04-21 22:17 |
7日観光の続き
門司港レトロ散策し昼食をフグ会席を舌鼓し壇ノ浦遊覧に
a0202528_16533930.jpg
a0202528_16552993.jpg










門司側 和布刈神社                           
                                下関側 日清講和記念館
a0202528_17594145.jpg
a0202528_1803669.jpg





左写真 下関側 赤間神社
                                 ↓写真 下関側 水族館
a0202528_1863965.jpg

          ↑下関側 海峡ゆめタワー
a0202528_20342799.jpg
a0202528_20351870.jpg










 巌流島・宮本武蔵と佐々木小次郎の
      決闘の地                         武蔵・小次郎像
観光船を降りバスにてめかり公園展望台に
a0202528_2051256.jpg
a0202528_20541819.jpg










関門海峡を眼下にのぞむ。海峡風景を楽しむ絶景。本州側とわずか700mの幅で流れる
関門海峡とその上にかかる関門橋を一望できる場所。
 関門橋の真下対岸に見えるのは本州の山口県下関市
こんなに近い本州・・・・・目の前の海、関門海峡は源平合戦で有名な壇の浦の戦いのあった場所。
海峡風景を楽しむ絶景。
a0202528_21164677.jpg
a0202528_21172752.jpg


  高さ3m、長さ44m1400枚の有田焼の陶板の壁画。
[PR]
by star-land9 | 2015-04-20 19:40 |
15年4月7日 出発
のぞみ95号に乗り小倉に・・・
バスにてまず歴史と潮騒のまち門司港に
レンガ造りのレトロ建物、絶品焼きカレー、バナナの叩き売り発祥の地で有名。
さすがに名物バナナグッズのおみやげ品いろいろ。かつて国際貿易港として栄えた門司港は、
明治から大正期にかけて建てられた洋館が点在し、レトロな雰囲気が漂う。
大正3年に建てられたJR門司港駅は鉄道駅舎として初めて国の重要文化財に指定された。
この歴史的に貴重な駅舎を残すため、保存修理中の為にレトロで素晴らしい駅をテント越しに
バスの中からでした。

a0202528_15214998.jpg
a0202528_15245634.jpg










門司港レトロ展望室
(中央の127mの高層マンション)
日本を代表する建築家・黒川紀章氏が設計した、高層マンション「レトロハイマート」の
31階に「門司港レトロ展望室」(地上103mの高さ)から関門海峡、下関が一望できる。

a0202528_15513812.jpg

a0202528_15585234.jpg

中央やや右奥に高い塔が見える建物旧大阪商船で 八角形の塔屋と鮮やかなオレンジ色外壁
大正6年に建てられた大阪商船門司支店を修復したもので、現在は
「わたせせいぞうと海のギャラリー」「門司デザインハウス」「海峡ロマンホール」になっています。

a0202528_1616432.jpg

[PR]
by star-land9 | 2015-04-20 17:15 |