<   2016年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

9月20日3泊4日の最終日
台風情報・・・・は朝飛行機は欠航しかし17時頃はとにかく空港に行かなければ・・・と
雨・風も大した事もないという事で朝家を出る。
東京に来たからには話題の月島もんじゃ焼きをと行って来ました。
月島約500m続く通りと路地裏に80以上のもんじゃ焼きの店が並んで通称
「月島もんじゃストリート」と呼ばれている。一番街から四番街まであり、路地を入ると
下町風情たっぷりの風景が残っている。築地直送のが海鮮たっぷり入っています。
a0202528_1359299.jpg
a0202528_1411463.jpg
a0202528_1473551.jpg
a0202528_1481466.jpg
a0202528_14113072.jpg



















左上写真 月島もんじゃストリート
右上写真 海鮮ミックスもんじゃ
左中写真 餅、明太子、チーズもんじゃ
     初めてのお味お好み焼きと又違って
     これもグーお気に入りでした。





近くの博物館、美術館は昨日が祭日とあって振替休日でしたのでお台場に
レインボーブリッジがシンボルのウオーターフロント。フジテレビなどのエンタメスポットや
絶景レストランなどが揃っているフジテレビ本社ビルおなじみの「球体」をはじめ、番組セットや
フジテレビアニメちなんだレストラン、カフェなどもあるここも人気のスポット、絶景を
楽しめる展望室おすすめポイントなのに休日。
a0202528_1937951.jpg
a0202528_19374685.jpg
a0202528_19381637.jpg
a0202528_19404128.jpg




















左上写真 東京お台場にある自由の女神後ろにはレインボーブリッジ
右上写真 自由の女神かすかに見えるはお台場海浜公園
右下写真 羽田空港第1ビル
そして15分遅れで飛行機は飛び立ちましたが、コースを変更して四国まわりで
岡山空港にトータル40分遅れで到着しましたが何時ものコースと違い岡山の夜景を
眺める事ができ無事に帰宅しました。
[PR]
by star-land9 | 2016-09-27 21:40 |
森ビルより移動して国立新美術館に
東京6本木にある美術館。日本で5館目の国立美術館として2007年(平成19年)1月に開館
世界的な建築家黒川紀章氏が周囲の自然との共生をテーマに設計。波打つような流線型が
目を引くガラス張りの建物と円錐のモチーフが特徴的。曲線を描くガラスカーテンウォールが
来場者を出迎える。
a0202528_0403243.jpg
a0202528_0411699.jpg
a0202528_1033149.jpg










館内ではひと際目を引く逆立円錐型のレストランや
変わり種の商品が並ぶミュージアムショップを
満喫できる。ガラス張りの壁からは外の光が入り館内を明るく照らす。
建物全体がアート作品といえる美術館。12の展示室からなる広大なスペースをもち1日で
複数の展覧会がたのしめる。
[PR]
by star-land9 | 2016-09-27 19:20 |
9月19日六本木ヒルズの森美術館
宇宙と芸術展に 人は宇宙をどう見てきたのか?
人間が宇宙をどのように見てきたかという歴史的な宇宙観の一端を東西の神話・宗教・美術作品や
貴重な天文学資料等を通じて紹介します。出展 レオナルド・ダ・ヴィンチ、曼荼羅図、
ガリレオ・ガリレイの天文学手稿、竹取物語絵巻、流星刀、天球図、天球儀、天体望遠鏡、
ルネッサンスや江戸時代の貴重な天文学資料ほか、宇宙を仏教的観点から紐解く。
多元宇宙を表す.古来の宇宙像「曼荼羅」南北朝時代、室町時代に描かれた両界曼荼羅や
星曼荼羅方位に宿る神々を描いた十二天像、チベット曼荼羅などを展示アジア的な
世界観や仏教的観点から見た宇宙像を探ります。
明治時代富山県に流れ落ちた隕鉄と呼ばれる鉄の隕石から作られた日本刀「流星刀」が展示されたり
日本古来の刀から宇宙と地球の関係性を探ります。
a0202528_2334047.jpg
a0202528_9585785.jpg












  左写真 六本木ヒルズ    
  右写真 宇宙と芸術展入口






a0202528_23105886.jpg
a0202528_2312478.jpg



 





 

左写真 タイムピース 時間をテーマに日時計と太陽の関係の中で体験される崇高な
    天文学的時間を表現した大型の動く作品
右写真 ブラックホール まわりをまわる銀河系と11次元もあるという新しい宇宙の考え方が
    表現されています。銀河系の外にもたくさんの星があると思うと、地球もそのひとつで
    あることがわかります。(木・スチール・蛍光灯・電球・塗料)

a0202528_23542160.jpg
a0202528_23552933.jpg

左下写真 エキピロティックストリング 超弦理論からインスピレーションを得たもの
a0202528_043081.jpg
a0202528_053175.jpg













左写真 サーチクラウズ・アオ マーズ・アイス・ハウス
    2016 ブール3Dプリント模型、木製台座、内照式ライト
右写真 セクシーロボット
a0202528_0485831.jpg
a0202528_0493847.jpg











宇宙と芸術展(53F)後六本木ヒルズ展望台(52F)に、やはり遠くは霞んでいたがまわりは何とか
東京タワーはも,何とか・・・・
[PR]
by star-land9 | 2016-09-27 14:15 |
神代植物公園を散策して昼食に名物の深大寺そばを
江戸時代、深大寺の北の台地は米の生産に向かないため、小作人はそばを作り、米の代わりに
そば粉を寺に納め、寺ではそばを打って来客をもてなしたのが、深大寺そばの始まりと
伝えられている。深大寺そばを有名にしたのは、元禄年間、深大寺の総本山であった
上野寛永寺の公辨法親王(輪王寺門跡東叡山門主)に献上したところ、親王は大いに賞賛なさり
将軍家や全国の諸大名に広く推奨された。そのため深大寺そばの名が高まり多くの家から
「深大寺そば」の使者が立つほどになった。武蔵の面影を残す深大寺周辺は隣接の
都立神代植物公園と合わせて都人好個の散策地憩いの場所として賑わいをみせます。
a0202528_2314333.jpg
a0202528_2323735.jpg
a0202528_234186.jpg
a0202528_2371653.jpg
a0202528_239793.jpg
a0202528_2310565.jpg




























深大寺山門の周辺は歩行者専用の門前町ゾーン。名物「深大寺そば」を食べさせるお蕎麦屋
多数のほか土産物産などが並ぶ。
長い間日本人に親しまれて来た「ゲゲゲの鬼太郎」その作品の底に流れるテーマ「自然との共存」
です。人や妖怪だけでなく、鳥や動物や虫たち地球上に住むすべての生き物との共存が表示されて
います。そんな「水木ワールド」を水木氏の第2の故郷でもある都内でも有数な緑豊かな地域
調布市「深大寺」門前に再現致しました。
漫画家の水木しげる氏は調布市名誉市民のためあっちこっちにモニュメント
下の写真は緑に囲まれた築40年余りの木造建築「鬼太郎茶屋」
一階は妖怪ショップゲゲゲの森外のお店では目玉のおやじまん等々で賑わっていました。
[PR]
by star-land9 | 2016-09-26 21:17 |
深大寺をお参りし続きの神代植物公園に散策
武蔵野の面影が残る園内で、四季を通じて草木の姿や花の美しさ味わえるので鑑賞に
この公園はもともと、東京の街路樹などを育てるための苗圃でしたが、戦後、神代緑地として
公開されたあと、昭和36年に名称も神代植物公園と改め、都内唯一の植物公園として開園。
現在約4800種類、10万本、株の樹木が植えられて、園内はバラ園、ツツジ園、ウメ園
ハギ園をはじめ、植物の種類ごとに30ブロックに分けており、景色を眺めながら植物の
知識を得られます。59年には大温室が完成で冬でも彩りな鮮やか花々を鑑賞出来るようです。
a0202528_17375571.jpg
a0202528_17382681.jpg
a0202528_2130388.jpg
a0202528_2131483.jpg
a0202528_21313459.jpg
a0202528_2132088.jpg
a0202528_21325457.jpg
a0202528_21333710.jpg






































左上1段目写真 神代植物公園            右上1段目写真 アズマネザサ
左上3段目写真 大きなサルスベリ赤・ピンク・白   
左上4段目写真 フヨウ               右上4段目写真 両側バラ園
                             中央には勢い良く噴水と大温室
[PR]
by star-land9 | 2016-09-26 16:49 |
9月18日2日目は
調布飛行場と深大寺に
深大寺(縁結びの寺)寺名は、水神の深沙大王に由来しており、奈良時代、天平5年(733)に
満功上人が開山したと言われている。満功上人の父は福満という渡来人で、この地の
豪族右近長者の美しい娘と恋に落ちたが、娘の両親の反対にあい二人の仲はさかれ、
娘は湖の小島に隔離されてしまった。そこで、福満はあの三蔵法師玄奘がインドに赴いた時、
流沙河で救われたという故事を思い起こし、深沙大王に祈願したところ大きな霊亀が現れ、
彼を娘がかくまわれている島へ連れて行ってくれた。この事を知って娘の両親も二人の仲を許し
そして産まれたのが満功上人である。上人は父福満の深沙大王を祀って欲しいという願いを
承知して出家し、唐へわたって法相宗を学んで帰国し、故郷である武蔵野へ帰ってきて深大寺を
建立した。時に天平5年(733)聖武天皇の御代である。ついで、父の誓いを果たすべく
湖の辺りに深沙大王を祀ったという。これが「深大寺縁起」の伝えるところである。
この恋物語により、深大寺は縁結びの寺としても有名。日本三大「深大寺だるま市」でも知られる
その後天台宗に改められた。
a0202528_10501768.jpg
a0202528_105193.jpg











左写真 調布飛行場
右写真 山門 慶応元年(1865)の大火から免れた。300年ほど前の元禄8年(1695)
    の普請で境内最古の建物
a0202528_14454591.jpg
a0202528_14513381.jpg
a0202528_14535479.jpg
a0202528_14544791.jpg





















左写真 手水舎(ちょうずや)清めてからお参り
右写真 本堂 慶応の大火後、大正時代の再建である。本尊は宝冠阿弥如来像で天台宗の
     常行三味堂の本尊であったという。
左写真 元三大師堂(慈恵大師像)深大寺における厄除け信仰の中心として、慶応の大火後
       翌々年の慶応3年(1863)にいち早く再建された。
右写真 開山堂薬師如来 天台宗一祖契恵亮和尚の尊像を祀っています。
a0202528_162897.jpg
a0202528_16284069.jpg










左写真 虚子像 庵例会での作品
右写真 遠山に日の当たる枯野かなの虚子句碑と開山堂参詣道
    深大寺には句碑・歌碑を巡るコースもありました。
[PR]
by star-land9 | 2016-09-26 09:55 |
築地後東京スカイツリーに
地上デジタル放送用電波などを送信するために建てられた高さ約634mの自立式電波塔。
350m、450mの高さに展望台があり、東京のパノラマビューを望む観光タワーでもある
天候は曇り展望の見通し・・・・はでも滞在中は台風、雨の予定のため行きました
連休のためか4階チケットカウンターは2時間待ちでした。
a0202528_3572183.jpg
a0202528_3574415.jpg











チケットを求める人で4階は人人の行列とスカイツリーキャラクター
a0202528_21374033.jpg
a0202528_21383992.jpg
a0202528_21402663.jpg
a0202528_21461163.jpg




















天空に昇るひとときを特別なものにする展望シャトル(エレベーター)で
4基の展望シャトルは、それぞれ春(桜の空)夏(隅田川の空)秋(祭の空)冬(都鳥の空)を
テーマに異なる装飾が施され写真は私達の利用した秋の祭の空です。
先ず350m東京スカイツリー天望デッキに東京を代表する景色が広がる。
隅田川と浅草方面を見渡して一周する。
a0202528_674870.jpg
a0202528_682527.jpg












次は450m東京スカイツリー展望回廊。展望シャトルフロア350からの
専用シャトルエレベーターは天井もドアもシースルー100mを約30秒で到着。
エレベーターの透明のドア部分から地上の景色が丸見えです。
右上写真左下写真450m東京スカイツリー展望回廊。日本一高い展望台晴れた日には富士山,
房総半島も見渡せるそうですが、今日は残念です・・・・チュウブ状のガラス張りの回廊が
タワーを一周する。坂がはっきりと歩きながらわかります。
右下写真ガラス床、フロアー340展望デッキの最下層に、耐熱強化ガラスの床を設置。
ガラス張りの床から340m真下の地上が見下ろせる。床のガラス越しにスカイツリーの
鉄骨が見える。展望デッキNO1のドキドキでした、ガラスのサイズは縦2m横3m。
a0202528_22571995.jpg
a0202528_23144823.jpg
[PR]
by star-land9 | 2016-09-25 16:40 |
9月17日東京に行って来ました。
台風予報の最中でしたが予約してたので曇り空での出発です。
a0202528_22445688.jpg

でも富士山は雲の中から何とか・・・・
子供が空港に出迎えに、今日は何とか持つだろうということで、筑地市場に先ず
昼食にという事でむかいました。よく話には聞いておりますが、初めての所・・・
1935(昭和10)年に開業したとか、水産物と青果物を扱う巨大市場。
基本的に早朝からお昼過ぎまで営業の店が多いので、朝食や昼食を食べに訪れる人が多いようです。
先ず場内市場の看板が目に入りました。
a0202528_11214529.jpg
a0202528_11225098.jpg
a0202528_11243181.jpg
a0202528_11251729.jpg




















贅沢な魚介グルメがあちこちに、旬魚お任せコースネタのおいしさを際立たせる、絶妙な味付け
が自慢の江戸前寿司大勢の人が並んで待っているきっと並んでも味わいたいお店だろう
きょろきょろと眺めながら場外食べ歩きを、焼きガキ、築地名物だんご、鯨カツ・・・・
先ずは築地名物の丸武(テリー伊藤のお兄さん)の卵焼きが目に付く、立ち寄り一口サイズを味見
やさしい甘口のふんわりジューシー焼きたてアツアツの厚焼き玉子焼きでした。
どのお店も行列で並んでいます。いろいろのお店天ぷら、貝のがんがん焼き、魚介類や季節の
食材を使ったイタリアンなどなど・・何をいただこうかと色々と眺めながら海鮮丼と決まりました
a0202528_11364040.jpg
a0202528_169132.jpg
a0202528_16101896.jpg
a0202528_161168.jpg





















場内市場と場外が並びプロ向けの店が並ぶのが場内
場外は、約400軒がズラリと連なる観光客を対象とした商店街
海鮮丼豊富な種類自分の好みでウニ、トロ、金目鯛、いか、貝柱・・・それぞれが
旬の海の幸を盛り込んだ丼をいただきました。
写真下左右 スカイツリーと築地本願寺。
[PR]
by star-land9 | 2016-09-25 10:38 |