<   2017年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2月26日 高等学校のクラス会がありお目にかかり青春時代にもどり
 語りあいました。
a0202528_13132412.jpg
a0202528_11243429.jpg
a0202528_11251069.jpg
a0202528_11255455.jpg
[PR]
by star-land9 | 2017-02-27 11:19 | 行事
さて最後の場所日本三名塔の見学です
五重塔 この五重塔は応永6年(1339)の応永の乱で命を落した大内義弘の菩提を弔うために
弟の盛見が建立を計画。嘉吉2年(1442)に完成したといわれています。
塔は方三間で高さが31.2mで中心柱が五層目まで届いています。
ここの五重塔は全国で10番目に古いものです。国宝の五重塔は9基あります。
建築様式は大部分和様式でただ勾欄の四隅の柱が逆連柱となっていてここのみ唐様(禅宗様)です
屋根は桧の皮で葺いた桧皮葺(ひわだぶき)で屋根が滑らかに葺かれ美しいと言われています。
一層の屋根と五層の屋根の低減は70%で塔の姿を美しく見せています。
五重塔で桧皮葺は、奈良の室生寺・長谷寺・広島県宮島の厳島神社の四基で後はほとんど瓦葺です
奈良の法隆寺と京都の醍醐寺と瑠璃光寺の塔を日本三名塔と言われています。
勾欄が二層目しか無いのはここの塔の特色です。
塔の中は一層のみ天井があるが二層からはなく五層目まで吹き抜きになっています・
一層の中には全国に例のない珍しい、欅材円形、唐様の須弥壇があり、上品上生の
阿弥陀如来・大内義弘のブロンズ像が祭られ、須弥壇上に経蔵が設けられ、中には約260年前に
求められた鉄眼版の一切経6929巻がびっしり納められています。
九輪に風鐸(ふうたく)が付いている塔は江戸末期までの22基中5基のみです。
五重塔は地震台風に強い柔構造建築になっていて今日の高層ビル建築と同じ手法と言われています。
(古い時代の技術には驚きます)
現在(平成6年)全国で五重塔は計画中のものを含めると67基あります。
塔には木造・石造・コンクリート造りで多宝塔・三重塔・五重塔・十三重塔があります。
塔造の目的は仏舎利(釈迦の遺骨)をまつったものに始まり、墓とかんがえられます。
桧皮はほぼ30年毎に葺き替えられています。塔身部は上層部に向かって細かくなっており、非常にすっきりとした印象です
室町時代中期におけるすぐれた建築の一つであるとともに大内文化の最高傑作であり
日本三名塔の一つにも数えられ、山口のシンボル的存在。
a0202528_2224222.jpga0202528_21363.jpg
a0202528_2227127.jpg


















塔の写真、二層にのみ回縁(まわりえん)がついている
     のが特徴。縁の角の柱勾欄。上は逆蓮柱
     三重以上には見られない。

a0202528_20193415.jpg

a0202528_20201225.jpg

写真上 画聖・雪舟1420年備中の国に生まれた。他の寺に修業に入った言い伝えがありますが
    瑠璃光寺の東方山裾にあるアトリエ雲谷庵に在住し、五重塔の景色をこよなく愛し、
    絵筆をとっていたことに、ちなんで像が建てられた。
写真下 若山牧水歌碑 旅と酒を愛する若山牧水が明治40年20歳の時東京の学校から郷里
    宮崎への帰路ここに立ち寄って歌ったもの牧水の夫人喜志子氏の筆  
    はつ夏の山のなかなるふる寺の古塔のもとに立てる旅人
a0202528_21452745.jpg

a0202528_214639100.jpg



a0202528_22511957.jpg

写真左上 曹洞宗・保寧山瑠璃光寺(福井の永平寺と横浜鶴見の総持寺)
     本尊薬師如来(瑠璃光如来とも言う)陶六代弘房の菩提寺。
     陶弘房は(大内氏第一の重臣)応仁2年(1468)応仁の乱で京都の相国寺で
     戦死したので,その夫人「妙栄大姉」が夫の菩提を弔うため弘房念持佛の薬師如来
     をもって本尊として山口の奥地仁保に文明3年(1471)瑠璃光寺を建立。
写真右  大内氏24代弘世像。山口開府の祖、弘世が防長二州を制して、1360年頃、
     あこがれの京都を模して都市計画をした人。
写真左下 一本のサルスベリの木の間から松の木が大きくなりこれは自然でテレビで放映された
     そうです。梅が美しく咲き五重塔と梅、日本の情緒、歴史を感じさせられ、
     広い庭をゆっくりと散策してきました。
     
[PR]
by star-land9 | 2017-02-23 15:16 |
遊歩道できつい階段を頑張って登り奇岩怪礁の姿(変装行列)自然が造った見事な彫刻美
自然の美海上アルプスを眺める事が出来登ったかいありと軽い足取りで階段を下ることが出来
次はバスに乗り秋吉台カルストロードに出発です。(秋吉台カルストロードとは約8㎞にわたり
カルスト台地の中を縦断する道路)
秋吉台国定公園(面積4,502ha)及び国の特別天然記念物(面積1384ha)に指定されて
います。雄大な景観をつくっている石灰岩は日本を代表するカルスト台地で、およそ
3億5千年前に南方の海のサンゴ礁として誕生しそれから長い月日を経て現在のようなカルスト台地
を形成しました。大自然が造り出した神秘的な光景を見ながらの最高のドライブのひと時です。
500m~600m級の山脈に囲まれて盆地状の台地を形成しています。
台地面の標高180~420m主として古生代の石灰岩からなり台地の地下には雨水により
石灰岩台地が侵食を受けて造られた鍾乳洞が、秋芳洞をはじめ約450もあります。
地下水系平成17年11月ラムサール条約湿地に登録されました。多数散在しています。
a0202528_0521482.jpg
a0202528_0531845.jpg
a0202528_0535167.jpg
a0202528_0555454.jpg
a0202528_056395.jpg
a0202528_0591254.jpg





























秋吉台話にはよく聞きますが
はじめてのところです。丁度午前中に山焼きがあったそうで交通止めが
解除されたばかりで思いがけない景色を見る事が出来ました。
写真下の展望台からの360度大パノラマの眺めは圧巻。
[PR]
by star-land9 | 2017-02-23 10:19 |
海鮮村北長門にてあったかふぐ御膳の昼食
ふくちり鍋、ふく刺し、、ふく雑炊、ふく唐揚げ、ふくの白子豆腐、ふく茶碗蒸し、香の物
もう少しふくの量がと思いながら舌づつみ・・・昼食をいただき青海島に
青海大橋で仙崎とつながる。周囲約40㎞の島。島全体が天然記念物に指定。
特に北側の海岸は日本海の荒波に浸食された海食洞窟や断崖、奇岩などの芸術作品が多くまさに
スケールの大きい自然美術館と言える。「海上アルプス」の別名もある。
 日本海の潮流の作用により石楽と砂が直線上に推積したもので長さ1,3㎞にわたって
続くクロマツ林の一本道、松原を吹く優しい風と自然が作り出した造形美は金子みすゞさんも
「仙崎八景」にうたうほどの情景を作りだしています。青海島「メモリアルロード」とも
呼ばれている散策路。皇居宮殿・長和殿波の間に青海島の風景をモデルにしたといわれる
縦約3,8m横約14,3mの大壁画を制作し「朝明けの潮」と名付けられたその絵は青海島の
瀬叢(セムラ)がモチーフ。スキューバダイビングの良質なスポットとして人気があり
多くのダイバーが訪れていました。
a0202528_157102.jpg
a0202528_1575254.jpg
a0202528_1584137.jpg
a0202528_201511.jpg
a0202528_20535.jpg
a0202528_213177.jpg
a0202528_244641.jpg
a0202528_26194.jpg






































左上1写真 ふく懐石料理                右上1写真 奇岩怪石十六羅漢等
左上2写真 北長門海岸国定公園             右上2写真 青海島の奇岩群
左上3写真 奇岩怪石群象の鼻              右上3写真 奇岩群左3と象の鼻
左上4写真 青海島にかけられた青海大橋         右上4写真 くじら館(博物館)
[PR]
by star-land9 | 2017-02-22 14:30 |
次に元乃隅稲成神社・龍宮の潮吹き
元乃隅稲成神社は昭和30年に地域の網元であった岡村斉さんの枕元に白狐が現れ「これまで
漁をしてこられたのは誰のおかげか」と過去からの関わりを詳細に述べた後
「吾をこの地の鎮祭せよ」とお告げがあったことにより島根県津和野町太鼓谷稲荷神社から
分霊された神社です。商売繁盛、大漁、海上安全は元より良縁、子宝、開運厄除、福徳円満
交通安全、学業成就、願望成就の大神です。
「稲荷」神社は全国で4万社ほどありますが「稲成」神社は二社のみです。昭和62年から
10年間かけて奉納された123基の鳥居が龍宮の潮吹側から100m以上にわたって並ぶ景色は
圧巻です。神社敷地内にある高さ約6mの大鳥居の上部には賽銭箱が設置されており見事賽銭を
投げ入れることができたら願い事が叶うと言われています。
a0202528_054344.jpg
a0202528_0563824.jpg
a0202528_0573851.jpg
a0202528_0585090.jpg



















赤・青・緑のコントラストが美しい
海の波立ったのは龍宮の潮吹き、見事に並ぶ123基の赤い鳥居
a0202528_11244.jpg
a0202528_1125569.jpg










上の写真は素晴らしい龍宮の潮吹きしかし立ち上がりとシャッターがうまくいかない
潮吹きとは打ち寄せる波が絶壁下海面近くのわずか縦1m幅20㎝の穴に突入し、奥の空洞に
圧縮された空気が海上を激しく外に出そうとして上方に海水を噴出させる墳潮現象のことです
北よりの風が吹き(秋から冬が最良時)海がしけると潮が上がり海水を最大30mも吹き上げ
遠くから眺めれば龍が天に向かって昇るありさまに似て、飛び散るしぶきは太陽を反射して
銀の砂をまくような光景が見られる。暖かくよく晴れた日で気持ちよく絶景を堪能
a0202528_1423692.jpg
a0202528_1224527.jpg










右の写真6mの大鳥居の上部の賽銭箱次々と投げ入れていますがなかなか思う様に行きません
自分が投げた賽銭がうまく届かなかった人達がまた拾いなをし再挑戦をと・・・の人も
[PR]
by star-land9 | 2017-02-22 10:29 |
2月19日日曜日
 山口5つの絶景めぐりとあったかふぐ御膳日帰りの旅を楽しんで来ました。
岡山駅7時22分発の新幹線、新山口駅に
待っていた観光バスにて先ず別府弁天池に(名水百選)
弁天池は名水百選として毎秒186ℓ毎分11トンの水が湧き出している。
ここに傳る伝説として昔この地方を開拓したが水にこまり諏訪大明神に祈ったところ
「弁才天まつり青竹をつえに水をたずねよ」というお告げをうけて、まもなく清らかな水が
発見され弁天池となる。今この水は飲料水と灌漑用水や養鱒場に使われている。
a0202528_10151639.jpg
a0202528_11255195.jpg










写真上 新山口駅             
                            写真上 バスの中より途中の採石場
a0202528_11343677.jpg
a0202528_11345753.jpg
a0202528_1135249.jpg
a0202528_1138089.jpg
a0202528_11393193.jpg
a0202528_11404097.jpg
a0202528_11422134.jpg








































左中写真  透き通ったブルーの水が不思議なほどの美しさを見せる神秘と伝説の湧水池
      この湧水は摂氏14度の冷たくコバルトブルーに染まった透明度の高い水で
      環境庁より昭和60年日本名水百選に選定。なぜコバルトブルーに見えるのだろうか
      ミネラルを含んだ水が太陽光線7色の屈折率を変化させると6色は水に吸収され
      残った青色が反射しているからだとか
左下写真  念仏踊場。念仏踊りは弁天の湧泉に感謝の意をこめた踊りで毎年9月8日の祭礼に
      奉納されます。昭和43年山口県無形文化財に指定。
      木々の巨樹群は別府弁天池を囲む樹林にありその中心は池の守護神である
      厳島神社である。境内で多くの種類の巨木があります。
右2段写真 水汲み場、ミネラルウォーターとして体内の毒素を浄化する作用があるとのことです。
      一杯のむと一年長生きするとの言い伝えがあるとか・・・
      飲料水として多くの人達が車で来てボトルに沢山入れたり列をつくって待ってる
      人もいます。お尋ねしたらご飯を炊いても、コーヒーを沸かしても味が違うと
      話しておられました。
右3段写真 ニジマス釣りや釣った魚で料理が楽しめる場所
右4段写真 別府弁天池厳島神社。県下でも巨樹の群生地として珍しいもので巨樹がこれまでよく
      保護されてきたのは、この地が神社境内の聖地であったことによるとか・・
[PR]
by star-land9 | 2017-02-22 09:48 |
2月3日
豆まきをし巻きずし丸かじりを・・・・ヒイラギの樹に鰯の頭をさし
ひととおりの行事をこなしました。
庭のヒイラギの大きな木に見事にお花も咲いています。
a0202528_15483833.jpg

[PR]
by star-land9 | 2017-02-04 15:36 | 行事