人気ブログランキング |

インド7つの世界遺産巡り

  タージ・マハル続き
    
a0202528_6123130.jpg

    
a0202528_6153336.jpg

  タージ・マハルを見上げると廟の周囲がアラベスクで彩られている。アラベスクとは
  イスラムの装飾文様のこと。イスラム教では偶像崇拝が禁じられているため、
  人や動物の絵がほとんどない代わりに、文字や幾何学図形や植物の装飾が発達。
  正面の大理石に象嵌されたコーランの文字。図案化されている。
  唐草模様の繊細なレリーフが美しい大理石の壁。
    
a0202528_6385849.jpg

    
a0202528_641244.jpg

  迎賓館とヤムナ川 ヤムナ川の反対側に黒大理石で自分用の廟を造ろうと計画
  していたといわれている。しかし彼の死後、黒大理石の廟は造られることなく
  いまでは愛妃の隣に静かに眠っています。
    
a0202528_64746.jpg

  タージ・マハルを右に現地の人達 
    
a0202528_6483442.jpg

  タージ・マハル廟より池を隔てて楼門を望む  
by star-land9 | 2012-01-09 17:24 |