人気ブログランキング |

ハウステンボスとこだわりの10の味覚3日間

平戸続き
カトリック平戸教会(平戸ザビエル記念聖堂)
教会は昭和6年に完成した鉄筋コンクリート造りの教会で正面中央に大塔、左側に小塔を配し
空に向かう垂直性を強調した外観が特徴。↓
a0202528_16162152.jpga0202528_16193365.jpg




                                 





                                 
                          ↑樹齢数百年といわれる大ソテツ
                          天満宮登り口に大きく枝を四方に伸ばして
                          いる老ソテツは江戸時代初期の
                          貿易商川崎屋が全盛時代に植えられた
                       ものといわれている。
a0202528_22263825.jpg
a0202528_22273683.jpg











左↑六角井戸 平戸が外国との交流が盛んであった頃に明の商人も多く平戸に定住しており
当時の明式の六角形の井戸。
右↑平戸城 1707(宝永4)年山鹿流の縄張で築城され、明治維新まで松浦氏の居城として使われた
名城・亀岡城の跡。海を見渡す緑の高台に昭和37年に再建された白亜の天守閣がそびえ、
天守閣の内部は博物館、天守閣からの眺望は最高。青い海の彼方に遠く壱岐の島影まで見渡せるとか・・・ 
a0202528_2325183.jpg
 
               ↑ツヴィンガー宮殿  
17世紀以後、ヨーロッパの王侯貴族を魅了し、世界の陶磁器に影響を与えた有田焼の里ならではの
テーマパーク「有田ポーセリンパークのんのこの郷」。目に飛び込んでくるのがツヴィンガー宮殿。
ポーセリンパークのシンボルともいえる建物で18世紀初頭のドイツ・バロック建築の華といわれた
宮殿を忠実に再現した華麗な建物。数々の有田焼(古伊万里)を一堂に展示。また
圏内随所のガーデンでは四季折々の花々と鮮やかな緑が心を癒します。

 
                   
                                
                                                                    
                                  
                                    
                                    
                                   
                                                   
                               
by star-land9 | 2015-04-27 15:37 |