人気ブログランキング |

ミステリーツアー3日間

2月23日ミステリーもいよいよ最後の日程
8時20分ホテル出発さて何処かな?8時35分鎌原(群馬県)着
鎌原観音堂観光(浅間山の噴火と観音堂)
天明3年(1783年)7月8日火口より13Kmに位置する。鎌原村は浅間山の大爆発による
火砕流に襲われて壊滅してしまいました。当時の村の人口570人程のうち、この災害により
477名もの人命が失われました。しかし火砕流に気づきこの観音堂にたどり着いた僅か93名のみが
奇跡的に助かりました。土石なだれは高台にあった15段を残して止まりました。
この15段下の少し下で女性2名の遺体が発見され、現在もこの石段が生死を分けたことから
村人を守った奇跡の地として知られていますとガイドさん説明。
a0202528_1518349.jpg
a0202528_15185842.jpg











右写真 生死を分けた15段の石段。今の石段の下を見ると生死を分けた石段が残っていました。
a0202528_15262748.jpg
a0202528_15281935.jpg










左写真 鎌原観音堂
右写真 聖観音像(二百回忌に)建立したようです。
8時45分発バスに乗り20分着いた所は中軽井沢の北側に広がる星野エリア、
石の教会内村鑑三記念堂。キリスト教者内村鑑三が唱えた形式や制度にとらわれない
「無教会思想」をもとに誕生した教会。アメリカ人建築家ケンドリック・ケロッグ氏が設計
軽井沢の豊かな自然と見事に調和しており石とガラスの異なるアートが重なり合う独創的な
外観が魅力的のようです。
a0202528_17462084.jpg
a0202528_17465819.jpga0202528_17473055.jpg
a0202528_174853.jpg





















一目見ただけでは何かな?・・・思わせる教会。石とガラスのアーチが生み出る。中に入れば
思わず手を組み礼拝したくなる雰囲気の教会で大勢の人達が椅子に座り説教を聞き入っていました
by star-land9 | 2016-02-28 16:50 |