人気ブログランキング |

東北四大夏祭りと驚異のねぶた海上運行4日間

仙台七夕まつりよりバスにて秋田に早い夕食後
秋田竿燈まつり見学 祭りの主役は約250本もの竿燈、稲穂に見たてた竿燈が揺れ五穀豊穣を願う伝統行事
病魔や邪気を払う「ねぶり流し」が起源と伝わる夏祭り提灯を米俵に祈願する祭りで
竹の竿(竿燈)は最も大きいもので高さ約12m重さ50kgに及ぶ。光り輝く稲穂が通りを埋め尽くす
光景は天の川のように美しい。民謡手踊りや太鼓の演奏の後「どっこいしょどっこいしょ」の
掛け声とともに高さ12mもの黄金の稲穂が夏の夜空に浮かび上がり大きくなる竿燈を自在に繰り、
手のひら、額、肩、腰と軽々と移し変えていく微妙なバランスで次々と大技を披露する様子は
迫力満点で素晴らしく半径3mのサークル内で技を競い合う、竿燈には46個もの提灯が下がる、
子供達も半分の竿燈を大人に混じって頑張っていましたその様は豪快圧巻のひと言。
a0202528_21363598.jpg
a0202528_21374304.jpg
a0202528_21384145.jpg
a0202528_21395229.jpg
a0202528_21413203.jpg
a0202528_21425987.jpg
a0202528_21444153.jpg




by star-land9 | 2017-09-11 21:08 |