人気ブログランキング |

2017年 02月 23日 ( 2 )

さて最後の場所日本三名塔の見学です
五重塔 この五重塔は応永6年(1339)の応永の乱で命を落した大内義弘の菩提を弔うために
弟の盛見が建立を計画。嘉吉2年(1442)に完成したといわれています。
塔は方三間で高さが31.2mで中心柱が五層目まで届いています。
ここの五重塔は全国で10番目に古いものです。国宝の五重塔は9基あります。
建築様式は大部分和様式でただ勾欄の四隅の柱が逆連柱となっていてここのみ唐様(禅宗様)です
屋根は桧の皮で葺いた桧皮葺(ひわだぶき)で屋根が滑らかに葺かれ美しいと言われています。
一層の屋根と五層の屋根の低減は70%で塔の姿を美しく見せています。
五重塔で桧皮葺は、奈良の室生寺・長谷寺・広島県宮島の厳島神社の四基で後はほとんど瓦葺です
奈良の法隆寺と京都の醍醐寺と瑠璃光寺の塔を日本三名塔と言われています。
勾欄が二層目しか無いのはここの塔の特色です。
塔の中は一層のみ天井があるが二層からはなく五層目まで吹き抜きになっています・
一層の中には全国に例のない珍しい、欅材円形、唐様の須弥壇があり、上品上生の
阿弥陀如来・大内義弘のブロンズ像が祭られ、須弥壇上に経蔵が設けられ、中には約260年前に
求められた鉄眼版の一切経6929巻がびっしり納められています。
九輪に風鐸(ふうたく)が付いている塔は江戸末期までの22基中5基のみです。
五重塔は地震台風に強い柔構造建築になっていて今日の高層ビル建築と同じ手法と言われています。
(古い時代の技術には驚きます)
現在(平成6年)全国で五重塔は計画中のものを含めると67基あります。
塔には木造・石造・コンクリート造りで多宝塔・三重塔・五重塔・十三重塔があります。
塔造の目的は仏舎利(釈迦の遺骨)をまつったものに始まり、墓とかんがえられます。
桧皮はほぼ30年毎に葺き替えられています。塔身部は上層部に向かって細かくなっており、非常にすっきりとした印象です
室町時代中期におけるすぐれた建築の一つであるとともに大内文化の最高傑作であり
日本三名塔の一つにも数えられ、山口のシンボル的存在。
a0202528_2224222.jpga0202528_21363.jpg
a0202528_2227127.jpg


















塔の写真、二層にのみ回縁(まわりえん)がついている
     のが特徴。縁の角の柱勾欄。上は逆蓮柱
     三重以上には見られない。

a0202528_20193415.jpg

a0202528_20201225.jpg

写真上 画聖・雪舟1420年備中の国に生まれた。他の寺に修業に入った言い伝えがありますが
    瑠璃光寺の東方山裾にあるアトリエ雲谷庵に在住し、五重塔の景色をこよなく愛し、
    絵筆をとっていたことに、ちなんで像が建てられた。
写真下 若山牧水歌碑 旅と酒を愛する若山牧水が明治40年20歳の時東京の学校から郷里
    宮崎への帰路ここに立ち寄って歌ったもの牧水の夫人喜志子氏の筆  
    はつ夏の山のなかなるふる寺の古塔のもとに立てる旅人
a0202528_21452745.jpg

a0202528_214639100.jpg



a0202528_22511957.jpg

写真左上 曹洞宗・保寧山瑠璃光寺(福井の永平寺と横浜鶴見の総持寺)
     本尊薬師如来(瑠璃光如来とも言う)陶六代弘房の菩提寺。
     陶弘房は(大内氏第一の重臣)応仁2年(1468)応仁の乱で京都の相国寺で
     戦死したので,その夫人「妙栄大姉」が夫の菩提を弔うため弘房念持佛の薬師如来
     をもって本尊として山口の奥地仁保に文明3年(1471)瑠璃光寺を建立。
写真右  大内氏24代弘世像。山口開府の祖、弘世が防長二州を制して、1360年頃、
     あこがれの京都を模して都市計画をした人。
写真左下 一本のサルスベリの木の間から松の木が大きくなりこれは自然でテレビで放映された
     そうです。梅が美しく咲き五重塔と梅、日本の情緒、歴史を感じさせられ、
     広い庭をゆっくりと散策してきました。
     
by star-land9 | 2017-02-23 15:16 |
遊歩道できつい階段を頑張って登り奇岩怪礁の姿(変装行列)自然が造った見事な彫刻美
自然の美海上アルプスを眺める事が出来登ったかいありと軽い足取りで階段を下ることが出来
次はバスに乗り秋吉台カルストロードに出発です。(秋吉台カルストロードとは約8㎞にわたり
カルスト台地の中を縦断する道路)
秋吉台国定公園(面積4,502ha)及び国の特別天然記念物(面積1384ha)に指定されて
います。雄大な景観をつくっている石灰岩は日本を代表するカルスト台地で、およそ
3億5千年前に南方の海のサンゴ礁として誕生しそれから長い月日を経て現在のようなカルスト台地
を形成しました。大自然が造り出した神秘的な光景を見ながらの最高のドライブのひと時です。
500m~600m級の山脈に囲まれて盆地状の台地を形成しています。
台地面の標高180~420m主として古生代の石灰岩からなり台地の地下には雨水により
石灰岩台地が侵食を受けて造られた鍾乳洞が、秋芳洞をはじめ約450もあります。
地下水系平成17年11月ラムサール条約湿地に登録されました。多数散在しています。
a0202528_0521482.jpg
a0202528_0531845.jpg
a0202528_0535167.jpg
a0202528_0555454.jpg
a0202528_056395.jpg
a0202528_0591254.jpg





























秋吉台話にはよく聞きますが
はじめてのところです。丁度午前中に山焼きがあったそうで交通止めが
解除されたばかりで思いがけない景色を見る事が出来ました。
写真下の展望台からの360度大パノラマの眺めは圧巻。
by star-land9 | 2017-02-23 10:19 |