<   2015年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

6月第3日曜日今年も届きました。
a0202528_21262077.jpg
a0202528_21274927.jpg










今年も若い人見立ての素敵なプレゼントをいただきました。
一週間後の同窓会久し振りの出席を・・・・きっとお似合いで出かけるでしょう。
そしていただいたプレゼントで御馳走・・・・乾杯で、有難う!
[PR]
雨で大変でしたが色とりどりのアジサイ、ジャカランダ、真っ赤に染まるブーゲンビリアの大木など
感動しながら桃源郷を後にし最後の観光高千穂峡に。
かつて噴火を繰り返していた阿蘇山の溶岩が五ヶ瀬川に沿って流れ出し数十万年かけて川に
侵食された深いV字溪谷。奇岩や柱状節理の断崖。日本の滝百選の眞名井の滝などの絶景が・・・
貸しボートで溪谷の眺めを楽しんでいる姿が見受けられるとかですがこれも雨で一艘も・・・
a0202528_1712564.jpg
a0202528_1732340.jpg










左写真高千穂大橋
高千穂峡に連なってかかる三つの橋  新橋・高千穂大橋・新都高千穂大橋
大正時代の新橋、当初大正時代は木橋でした、水害で流され石橋としての竣工は昭和22年11月、
長さ31,5m高さ31,3m。昭和時代の高千穂大橋竣工昭和30年11月長さ75m、高さ96m。
高千穂大橋は国道218号線にかかる橋ですがバイバスに新都高千穂大橋が出来て影が薄くなって
しまった橋。そして平成の新都高千穂大橋。3種のアーチ橋が同時に見られる
ポイントはまずないでしょう。
右写真槍飛橋
ここは高千穂峡(五ヶ瀬川)の中で最も川幅の狭いところ、天正19年高千穂・三田井家が県の
領主(現在の延岡)高橋元種に三田井城を攻められ、落城、城を脱出した三田井家の家来達は
ここまで逃げ延びて来ました。橋がないので槍の柄を突いて渡ったという。
手前の岩に槍を突いた者は無事飛び渡り、向こう側に突いた者は川の中に転落と伝えられ
「槍飛び」と言うようになったとの事。
a0202528_061431.jpg
a0202528_1193896.jpg











写真左 五ヶ瀬川左の大きな石、鬼八の力石重量約200トン「鬼八」は高千穂神社にまつわる
    伝説に登場する人物。
    五ヶ瀬川右の絶壁仙人の屏風岩 高さ70m高千穂峡の遊歩道対岸に高く
    そび立つ屏風風の岩、切り立った柱状節理が屏風に見えそのスケール・迫力に
    圧倒されます。高千穂峡一帯の柱状節理は阿蘇山の噴火活動で流れ出した溶岩が
    数万年かけて侵食されて生まれたものです。 
写真右 七ッケ池 十社大明神(三毛入野命)が散歩されると水鏡に映る(美しい娘)がいた
    この娘こそ「鬼八」が奪って来た鵜ノ目姫であり、ここ七ッケ池は十社大明神が
    鵜の目姫に一目ぼれされたところとも言われています。
a0202528_1443599.jpg
a0202528_1445413.jpg
a0202528_14484153.jpg










左上写真 眞名井の滝
眞名井の滝は高千穂峡の小隔が狭まった部分に流れ
落ちる滝日本の滝百選の一つ。峡谷の崖上は
自然公園となっており
その中にある「おのころ池」より流れ落ちる
水が眞名井の滝となっている
神話によれば天村雲命(あめのむらくものみこと)
という神が天孫降臨の際に、この池に水が
なかったので水種を移した。これが天眞名井として
湧水し、滝となって流れ落ちているといわれている。
右上写真 おのころ池 昔この池には桜川神社(滝津妙見神社)があり鵜の島はこの神社に仕える
神聖な鳥であったといわれています。春祭では御神幸の御神輿がこの池を3度回ってみそぎをする。
a0202528_2344553.jpg
a0202528_2353016.jpg










神話の日向にて昼食。 あちこちにしんわの系図や
祭神をして神楽も毎夜あるようです。
今回の宮崎は雨の中でしたがジャカランダの花、200万本のアジサイに感動・・・・で
今日1日のバス総走行距離510㎞新山口駅に新幹線にて岡山に無事帰岡しました。
[PR]
by star-land9 | 2015-06-19 16:29 |
6月9日朝ANAホリディ・インリゾート宮崎を散策
左右下写真 ホテル窓から(青島全景と日向灘の絶景)
a0202528_1427090.jpg
a0202528_1428252.jpg
a0202528_15532113.jpg
a0202528_15541445.jpg



















同ホテル8時出発にて門川町桃源郷岬へ紫陽花鑑賞
遠見半島の美しい海岸を眼下に、20万平方メートル(東京ドーム4つ分の広さ)に及ぶ
初夏の「桃源郷岬」が18000株200万本もの色とりどりのアジサイで埋め尽くされる。
a0202528_1652818.jpg
a0202528_166119.jpg
a0202528_1681398.jpg
a0202528_1685768.jpg
a0202528_16101491.jpg
a0202528_16111064.jpg
a0202528_16132554.jpg












                              






                                 




                                        


                                   


                                 ←写真は晴天ならば紺碧の日向灘を背景に
                                   圧巻の光景が・・・・
                               
[PR]
by star-land9 | 2015-06-19 14:19 |
時間の関係で熱帯植物園をチラッと・・・温室にもと思いつつ・・・・
宮崎県を代表する観光スポット青島に。日南海岸国定公園に位置する。
青島は奇岩「鬼の洗濯板」が島を囲む周囲約1,5㎞程、最高6m程度の小さな島で橋を
歩いて渡る事が出来ます。島内には亜熱帯性植物27種を含む約200種が自生していて
「亜熱帯性植物群落」として国の特別天然記念物に指定されています。
また島の周りは大昔の地層が侵食されてできた波状岩で囲まれています。
これが洗濯板のように見えることから「鬼の洗濯板」(国天然記念物)とよばれ
青島を象徴する景観となっている。
a0202528_15411970.jpg
a0202528_213539.jpg










青島への弥生橋とかすかに見える鳥居。
                              青島周辺の鬼の洗濯板 
a0202528_21401080.jpg
a0202528_21421170.jpg










境内入り口権現造りの大鳥居と
奇岩「鬼の洗濯板」右が島を囲む
                           青島神社。鬼の洗濯板。記念碑説明板
             青島熱帯性植物産地、天然記念物として大正10年3月3日国指定
             青島亜熱帯性植物群落、特別天然記念物として昭和27年3月29日国指定
             青島の隆起海床と奇型波蝕痕天然記念物として昭和9年5月Ⅰ日国指定
             など書かれていました。
a0202528_2212446.jpg
a0202528_22143549.jpg
a0202528_2215219.jpg
a0202528_22162793.jpg



















左上神門の扁額「鴨就宮」
神門正面から朱塗りの鮮やかで美しい社         右上拝殿と境内の様子
晴天だと青空がよく似合うとか雨残念          島の中央にある青島神社は海彦
                           山彦の伝説で知られヒコホホデミノミコト
                           を祭神として縁結びの社
左下境内から背が海と洗濯板              左下元宮       
                           青島の中心部に位置天宮の狛犬
読売ジャイアンツ(巨人軍)は青島にある、青島神社に監督、コーチ、1軍、2軍
全員で春季宮崎キャンプの初日(2月Ⅰ日)朝練習開始前に参拝するのが近年恒例だそうです。
今日の宿泊は巨人軍と同じホテルANAホリディ・インリゾート宮崎でしかも
上階の監督、コーチと同階で宿泊出来るそうです。
夜食は中華コースで新鮮お刺身サラダ。ライスヌードルと和牛スライスのピリ辛冷菜、フカヒレスープ、
むき海老のマヨネーズ和えサラダとピリパリナッツ、旬の魚の強火蒸し特性醤油かけ
鶏もも肉と色々野菜の四川醤煮込み、湯葉入りお粥、本日のデザート
食事も堪能し温泉につかり雨の中でしたが早めのホテル入りで疲れもほっとし明日また
1日のバスの総歩行距離約200㎞
[PR]
by star-land9 | 2015-06-18 20:59 |
ジャカランダの森を出発し堀切峠に
水平線を境に青い空と雄大な太平洋がつながる景勝地。太平洋の荒波が鬼の洗濯板洗う様子も
ダイナミック。フェニックスの並木やハマユウ、ポインセチアなど四季の植物が道を彩る。
神秘的な自然の造形にふれる鬼の洗濯板。青島から巾着付近まで南北約8㎞の海岸に見られる
波状岩およそ800万年前から150年前に波に侵食された砂岩と泥岩の累層が隆起したもので、
自然記念物。日南フェニックスロードをドライブ
a0202528_1595480.jpg
a0202528_15104584.jpg
a0202528_15114574.jpg
a0202528_15125150.jpg




















雨の中の日南フェニックスロードの並木ポインセチア、青い空は見られなかったが太平洋の荒波が
鬼の洗濯板を洗うダイナミックな様子を眺めながらドライブを楽しみながら青島に向かいました。
a0202528_13301856.jpg
a0202528_1331054.jpg
a0202528_13314616.jpg








a0202528_13322171.jpg
a0202528_13355825.jpg











写真は宮崎県立青島亜熱帯植物園
バスを降り青島に渡る途中に植物園があり
立ち寄りました。広い園内には
ビロウ、県木のフェニックス。女王ヤシ、
アコウ、バラボラチョ、ジャカランダなど植栽され、
南国特有のランタナや各種のハイビスカスが四季を
通して咲き熱帯物鑑賞大温室ではヤシ類,果樹類、
洋ランなど64科429種約2500本の
熱帯性植物が鑑賞できる。
[PR]
by star-land9 | 2015-06-18 14:28 |
昼食をすませ日南市南郷町、ジャカランダの森に
昭和39年にブラジル県人会の方から宮崎県総合農業試験場亜熱帯作物市場に
ジャカランダの種を譲渡され試験場内で育成し敷地内に植栽いたしました。それから14年たち
昭和53年に初めてジャカランダが開花しその後毎年5月下旬頃~6月末頃まで開花しております。
亜熱帯作物市場内には約300本植栽されておりましたが、平成23年3月に新たに約400本を
植栽しジャカランダの森が広がり現在総数は700本あります。
通常アフリカでしか見られないジャカランダが群生しているのは日本でここだけ約700本ということで
楽しみにして来ました。ジャカランダとは南アフリカ原産の桜によく似た紫色の花で、
熱帯や亜熱帯各地で広く植えられています。桐の花にも似ていることから、移民として南米に渡った
日本人が「キリモドキ」と呼んだり、ハワイの日系人が「ハワイ桜」と呼んでいるそうです。
a0202528_23202884.jpg
a0202528_23222869.jpg
a0202528_23235950.jpg
a0202528_23243447.jpg




















花がまっすぐでなく少ししゃくれたように下に向き咲き薄い紫でかたまって綺麗に咲いていました。
梅雨時に咲くようで雨のなかで薄暗く、なかなか焦点もあわずで思う様に・・・・
葉はネムノキに似ていました。ジャカランダ属またはキリモドキ属、ノウセンカズラ科。
残念ながら雨の中思う様に鑑賞も出来ず写真もハッキリ写すことが出来ませんでした。
a0202528_12105644.jpg
a0202528_12114475.jpg
a0202528_1339463.jpg
a0202528_13402625.jpg





















左上写真 ジャカランダに森反対側の花 
左下写真 ジャカランダに美しく咲く花         右上写真ジャカランダの森と南郷の海
                           右下写真ジャカランダ祭りをしていて記念に
                           木彫りのフクロウ購入。不思議にお腹の中にも
                           フクロウ どこから彫ったの?とにかく
                           苦労しない人生をとで願をたくして・・・・
[PR]
by star-land9 | 2015-06-17 20:55 |
霧島ロイヤルホテル8時10分出発
えびの高原に向かってバスを走らす。
a0202528_16382513.jpg
a0202528_16385171.jpg











霧島温泉郷地獄谷、霧島神宮をバスより霧島連山(鹿児島県と宮崎県)の境を眺めながら
えびの高原8時50分着にて、ミヤマキリシマ鑑賞。
a0202528_17105510.jpg
a0202528_171135100.jpg
a0202528_1713982.jpg
a0202528_17152255.jpg
a0202528_17163651.jpg


a0202528_17184826.jpg


























えびの高原 霧島連山のふもとに広がる生駒高原から標高1200mのえびの高原まで
花の名所を巡るドライブコース。ダイナミックな山岳風景が広がる。韓国岳や甑岳を望む高原。
ミヤマキリシマ、ノカイドウの花をつける春はもちろん、紅葉、ススキでエビ色に染まる秋、一面が
樹氷の世界になる冬四季を通して美しい景観を見せるとともに天然記念物に指定されている。
残念ながらミヤマキリシマは下の方はすでに終わりでやっと頂上にチラホラ・・・・
左下写真
えびの高原。赤い屋根えびのエコミュージアムセンター  
                          右下写真3つの湖の一つ 不動池と韓国岳
途中ダイワロイヤルホテルにて 昼食をし南郷町に
[PR]
by star-land9 | 2015-06-16 21:29 |
6月7日より9日まで南九州フラワー街道に世界三大花木ジャカランダの花、高瀬裏川花菖蒲
えびの高原ミヤマキリシマ、桃源郷紫陽花を楽しみに行ってきました。
岡山7時5分の新幹線にて新山口に・・・・ここより3日間バスの旅です。
a0202528_17374064.jpg
a0202528_17382082.jpg










新山口駅に8時45分着                             

                           関門大橋をバスにて通過
熊本県きくすいの里にてせいろ蒸し御膳の昼食
熊本玉名第25回高瀬裏川花ショウブまつりへ
江戸時代、米の集積地として栄えた玉名市高瀬。周辺には、県指定重要文化財の高瀬目鏡橋を
はじめとした7つの石橋や俵ころがし跡坂などが残り、当時の賑わいがしのばれます。
「高瀬裏川花しょうぶまつり」の舞台となる高瀬裏川は米を積み出すために菊池川に並行して作られた
運河で、その下流から土戸橋までの約400メートル、昭和55年護岸整備されました。
この時しょうぶが玉名市の花として定められ、高瀬裏川にしょうぶ園の造成が始まったのです。
それを受け「高瀬裏川花しょうぶまつり」は川と町の歴史、そして、水運がもたらした文化が三位一体と
なった全国にも珍しいしょうぶ祭りとして市民の手によって育てられてきたようです。
今年25回を数え現在高瀬大橋周辺の高瀬裏川両岸に植えられた紫の濃淡や白の花しょうぶは
約6万6千本といわれ、5月下旬から6月上旬にかけ、川の石垣を背景に見事に咲きほこっています。
a0202528_22595923.jpg

a0202528_2304427.jpg
a0202528_2314728.jpg
a0202528_233240.jpga0202528_2334721.jpg

a0202528_236179.jpg
a0202528_238182.jpg





































美しく水軍の遺構が残る風情溢れる高瀬裏川に花しょうぶが咲き誇り、川沿いには
100本の矢旗が青空に向かってなびき、夜にはライトアップも行われ、幻想的な
世界が広がるようです。
16時50分霧島温泉郷、霧島ロイヤルホテル着 
早めだったので先ず温泉にてゆっくりし夕食を。今日のバス総走行距離約430Km
[PR]
by star-land9 | 2015-06-16 16:00 |
我が家の庭は年間で美しく見変わる時が幾度かある。剪定した時、新緑・・・・
五月終わりより六月にかけては一番華やかに変わります。
つつじが赤、白、ピンク・・・と我こそはと言わんばかりに、おもいおもいに咲き明るく輝いています。
今の時期座敷より眺める庭はわくわくもしホットもします。
a0202528_21515027.jpg
a0202528_2153578.jpg
a0202528_21544689.jpg
a0202528_215536100.jpg
a0202528_21563090.jpg
a0202528_2158445.jpg
a0202528_21592085.jpg
[PR]
by star-land9 | 2015-06-04 22:08 | 庭の花