<   2017年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

立佞武多より次は青森ねぶた海上運行と花火大会へ
ねぶたと花火の競演コラボレーション。
歌舞伎や神話を題材にした高さ5mものねぶたが街を練り歩き、ハネトと呼ばれる踊り手が集結
「ラッセラー」の声とともに祭りを盛り上げる。青森花火大会は街をねり盛り上げてねぶた大賞などの
ねぶたを台船に乗せ青森港内を海上運行。ラッセラー、ラッセラの勇ましいかけ声、ねぶた囃子の音色と
ともに、はしけに揺られて姿を現わすのは極彩色の巨大な「ねぶた」の姿。
青森港内の海上を大きなねぶた6台がゆっくりと進んでいく。ねぶた大賞を受賞したねぶたが目の前に
繰り広げられる錦絵のような光景は東北四大まつりの一つにふさわしくまさに豪華絢爛という言葉が
ピッタリ。この幻想的なひとときを鮮やかな花火の数々がいっそう華やかに盛り上げる。
青森港に二尺玉が開く瞬間は思わず・・・・・
尺玉(青森花火大会で打ち上げているポビュラーな大型花火。一尺玉(10号玉)は約330mまで上昇し
   直径約320mの花火が開きます)
スターマイン(速射連発花火。様々な大きさの花火を組み合わせ、次々と連続して打ち上げます。
       主に2号玉(約6cm)から5号玉(15cm)の玉が用いられています)
二尺玉(青森花火大会で現在打ち上げている最大の花火。直径60cm約70kgの玉が約500mまで
    上昇し、直径約480mの花火が開きます。割物花火には玉名があり、打ち上ってから消えるまで
    どういう風に見えるかを表しています。
a0202528_01113878.jpg
           青森ベイブリッジ
a0202528_01140703.jpg
           豪華客船
a0202528_01100032.jpg
a0202528_01163962.jpg
a0202528_01181701.jpg
a0202528_01193775.jpg
a0202528_01203637.jpg
a0202528_01215905.jpg
a0202528_01231536.jpg
a0202528_01253048.jpg
a0202528_01274519.jpg
a0202528_01291192.jpg
a0202528_01311772.jpg
花開く花火の瞬間周りの人たち盛り上がり感動の大声が・・・・
今日も24時前に安比温泉にバス走行距離約467㎞でした。
4日目8時30分出発
松島五大堂により仙台駅に東北新幹線にて東京駅待ってたバスにて羽田空港
岡山空港21時30分感動の四大祭りと海上花火を堪能し無事に帰宅しました。



[PR]
by star-land9 | 2017-09-15 19:53 |
8月7日(3日目)雫石プリンスホテルに昨晩も24時前着
夜食をいただき温泉につかり疲れを癒す。朝ホテルは遅めの10時出発にて
ねぶた祭りに  日本の火まつり国指定重要無形民俗文化財。
青森市民が世界に誇る青森ねぶた祭は七夕の灯篭流しが起源ともいわれ、
勇壮華麗なねぶた、乱舞するハネト、夜空に轟くねぶた囃子が三位一体となり過ぎゆく夏の夜を惜しむように
魂からほとばしるエネルギーを燃やす青森ねぶた祭の興奮、感動、熱気と迫力を・・・と
それは、それは明日はたのしみよ・・・とお風呂での昨晩見学した人達に聞いた会話。
しかし私たちはは最終の日で夜の灯りなしで今一歩残念ながら夜のねぶた海上花火をたのしみに・・・
ねぶたは町内単位で大人が作り、子供達も参加して毎年行われる行事であったが現在に受け継がれてきた
ねぶたは大型化し、毎年22台程度制作され、その費用は制作、運行等、祭期間中の経費を含め1台当たり
2千万円程とか。さらに町内では子どもねぶたという小型のねぶたが70台前後制作され、その内10数台が
大型ねぶたとの合同運行に参加するなど、市内全域でねぶた祭が行われているそうです。
正装したハネトは自由にねぶたに参加出来るようです。
a0202528_23100199.jpg
a0202528_23110349.jpg
a0202528_23122027.jpg
      浴衣をたくしあげ花笠をかぶった跳人たちは、祭りに華を添えるもうひとつの主役。
      観光客もハネトの輪の中に引込まれ、大きな一体感に包まれる。
a0202528_23205691.jpg
a0202528_23221339.jpg
a0202528_23225993.jpg
a0202528_23240565.jpg
a0202528_23252274.jpg
青森ねぶた祭見学後
五所川原・立佞武多の館見学に
立佞武多 五所川原のねぷたは明治時代にその高さの隆盛を極めていましたが、電線の普及と共に,
     背の低いねぷたとなりました。当時の写真と台座の図面が出てきたのをきっかけに
     1996年市民有志が高さ22mの巨大ねぷたを復元しました。そして立佞武多(たちねぷた)と
     命名し1998年より祭り名を「五所川原立佞武多」として約90年ぶりに復活させました。
a0202528_23455976.jpg
立佞武多祭り 8月4日~8日の5日間19時~21時に開催され、館のガラス面が開き、立佞武多が
       出陣する姿は圧巻でヤッテマレの掛け声が天に響けば祭りも最高潮
       丁度祭りの開催時でしたが夜のねぶた花火大会のため眺めて帰りました。
雲漢     立佞武多の下の字 「ねぷた祭り」は七夕の日「眠り流し」(灯篭流し)が起源という
       説があり、台座に書かれる「運漢」は「天の川」という意味だそうです。

[PR]
by star-land9 | 2017-09-13 20:34 |
仙台七夕まつりよりバスにて秋田に早い夕食後
秋田竿燈まつり見学 祭りの主役は約250本もの竿燈、稲穂に見たてた竿燈が揺れ五穀豊穣を願う伝統行事
病魔や邪気を払う「ねぶり流し」が起源と伝わる夏祭り提灯を米俵に祈願する祭りで
竹の竿(竿燈)は最も大きいもので高さ約12m重さ50kgに及ぶ。光り輝く稲穂が通りを埋め尽くす
光景は天の川のように美しい。民謡手踊りや太鼓の演奏の後「どっこいしょどっこいしょ」の
掛け声とともに高さ12mもの黄金の稲穂が夏の夜空に浮かび上がり大きくなる竿燈を自在に繰り、
手のひら、額、肩、腰と軽々と移し変えていく微妙なバランスで次々と大技を披露する様子は
迫力満点で素晴らしく半径3mのサークル内で技を競い合う、竿燈には46個もの提灯が下がる、
子供達も半分の竿燈を大人に混じって頑張っていましたその様は豪快圧巻のひと言。
a0202528_21363598.jpg
a0202528_21374304.jpg
a0202528_21384145.jpg
a0202528_21395229.jpg
a0202528_21413203.jpg
a0202528_21425987.jpg
a0202528_21444153.jpg




[PR]
by star-land9 | 2017-09-11 21:08 |
青葉城跡見学後仙台七夕まつりに
江戸時代初期伊達政宗が婦女の文化向上のため七夕を奨励したのがきっかけで盛んな行事になっていたという
6日~3日間色とりどりの華やかな七夕飾りが商店街を彩り豪華さを競い合う。
本物の竹と和紙を使うのが特徴で毎年新たに手作りされる豪華絢爛な笹飾りを祭り前の
8月4日早朝各商店街では
山から長さ10m以上もの巨大な竹を切り出し小枝をはらい、数ヶ月かけて準備した和紙の飾り付けの準備。
飾りは各個店の皆さんが数ヶ月前から手作り準備し1本の価格は数十万~数百万円もかかるとかガイドさん
吹き流し5本1セットで飾るのが仙台の習わしとか、飾りの内容は当日まではヒミツで8月6日朝8時頃から
飾り華やかな七夕飾りは初日の審査で午後には金賞、銀賞、銅賞が決められプレートが付けられるようです。
七つの飾りに込めた願いは
短冊(詩歌を書いて、学問や書の上達を願う。カラトリの葉にたまった夜露で墨をすり、その墨での風習)
紙衣(紙で作った着物で裁縫や技芸の上達を願う、子どもが無事に育つよう、身代わりに流す形代の意味も)
折鶴(延命長寿の願いをかけ、一家の最年長者の年の数だけ折ります)
巾着(富貴を願い、倹約と貯蓄の心を養いながら、商売繫盛の願いを込めます)
投網(仙台近海海の豊漁を願い作られます。たくさんの幸運を投網で寄せ集めるという意味にもあります)
屑篭(清潔と倹約を願い、飾り付けを作るときにできた裁ち屑や紙屑を入れます)
吹流し(昔の織糸を垂らした形を表し織姫を象徴しています。手芸や織姫を象徴しています。手芸や機織り
    などの上達を願いつけられます)
a0202528_12001201.jpg
a0202528_20080642.jpg

a0202528_18412428.jpg
a0202528_18430241.jpg
               やっと銀賞を見つけました
a0202528_12040990.jpg

a0202528_09392992.jpg
帰りに仙台駅に着くと観光案内所や豪華な七夕飾り飾りもあり賑わっていました。
a0202528_09411771.jpg
a0202528_09472014.jpg
a0202528_18502822.jpg
           豪華な七夕飾りも堪能しました。次にこれから秋田竿燈まつりに

[PR]
by star-land9 | 2017-09-10 10:22 |

ホテル周りを散策後青葉城跡に
伊達政宗公生誕450年騎馬像が立つ仙台城跡、人気の戦国武将・伊達政宗が400年以上前に築いた城。
仙台市を眺める絶好のビューポイント。現在は城がなく政宗の騎馬像が立つ、今から400年以上前東と南を
断崖が固める天然の要害青葉山に築城。南奥羽の覇者と讃えられ、戦国大名として乱世を生き抜き
仙台藩62万石の礎を築いた藩祖・伊達政宗公。その功績は軍事、政治のみならず産業・文化・国際交易にまで
及びその遺勲は今なお伝え継がれています。2017年はそんな政宗公の生誕450年にあたるそうです。
仙台の清流広瀬川
a0202528_23180582.jpg


a0202528_23204521.jpg
城跡のため石垣がありました
a0202528_23231532.jpg
a0202528_23242761.jpg
a0202528_23315770.jpg
仙台城跡より仙台市を眺める地上100mの仙台大観音
a0202528_23390208.jpg
馬にまたがる政宗の騎馬像
a0202528_23430431.jpg
政宗建立の豪壮な神社鳥居にも七夕飾り





[PR]
by star-land9 | 2017-09-08 21:53 |

8月6日(2日目)昨夜は遅くにホテル着。夜食をいただきました。温泉につかりやすみました。
朝ホテルの周りを散策し10時出発にて青葉城跡に
a0202528_16584921.jpg
a0202528_17002119.jpg
上写真は蔵王温泉ホテル街と蔵王ロープウェイ
a0202528_17080263.jpg
a0202528_17101316.jpg
a0202528_17110496.jpg

a0202528_17115224.jpg
a0202528_17133764.jpg
紫陽花街道
a0202528_17124138.jpg
さすがに蔵王は気温が低く8月というのにアジサイをはじめ美しく花が咲いていました





[PR]
by star-land9 | 2017-09-07 16:49 |

パソコンが起動しなくなりました。そのために新しく購入しました。
しかし操作が思うように動きません。いろいろといじっているうちにどうにか起動してるようですので
遅くなりましたが又始めます。よろしくお願いいたします
a0202528_21331857.jpg
8月5日より東北四大夏祭りと驚異のねぶた海上運行4日間の旅を楽しんで来ました。
岡山空港6時40分集合、7時10分出発羽田空港8時25分着
東京駅13時発東北新幹線にて白石蔵王に
a0202528_15452447.jpg
待っていたバスに乗り先ずは山寺根本に
a0202528_15063035.jpg
a0202528_15070671.jpg
a0202528_15111608.jpg
a0202528_15120581.jpg
a0202528_15080318.jpg
お参り後蔵王温泉ホテル松金屋アネックスにて夕食
a0202528_23190982.jpg
早い夕食を済ませて山形花笠祭りに
山形花笠まつりは華やかな山車を先頭にあでやかな衣装を身にまとった人々が「ヤッショ、マカショ」の
威勢のいい掛け声とともに花笠を手に踊る踊り手は延べ1万人にものぼり花笠太鼓が高らかに響き渡るなか
多彩な舞を披露する。
a0202528_22120775.jpg
a0202528_22132680.jpg
a0202528_22155777.jpg
a0202528_22182129.jpg
a0202528_22204516.jpg
a0202528_22234927.jpg
ミス花笠

a0202528_11253516.jpg
a0202528_11273884.jpg




[PR]
by star-land9 | 2017-09-06 18:20 |